お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート

お前は特別っ! 男性が「本命女性とのデートで着る勝負服」4つ

ファナティック

気になる彼との初デートでは、メイクだけではなく洋服選びにも力が入りますよね。「デートの勝負服」を持っている女性も多いのではないでしょうか。そこで今回は、男性のみなさんに「本命女性とのデートで着る“勝負服”」について、具体的に教えてもらいました!

■きれいめで清潔感がある服装

・「清潔感のある格好。襟つきシャツやジーンズ以外」(36歳/人材派遣・人材紹介/その他)

・「小ギレイで清潔感がある服を着ていく。マナーとして」(26歳/その他/その他)

・「できるだけきれいめな服装。せめて清潔感だけはちゃんとしたい」(33歳/警備・メンテナンス/その他)

特に多かったのが「清潔感」という言葉でした。ファッションセンスというより、見た目の清潔感を気にしている男性は多いようです。いくら高い服でも、ボロボロだったら台なしですよね。

■ジャケットで大人っぽく

・「カジュアルというよりもジャケットなどのきれいめ」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「ブランドのジャケット類。フォーマルに近い格好」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「カッコよさげなジャケットを羽織ります。大人の男性を意識しているから」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

ちょっとカッコよく見せたいときは「ジャケット」を着ていく男性も多いようです。カジュアルすぎず適度なきちんと感があるので、デートで入るお店も選ばないですよね。ジャケット姿の彼が現れたら、本気の証かも?

■普段着で素の自分を見せる

・「気張ってみてもボロが出るし、普段通りで」(34歳/その他/その他)

・「いつもの格好。最初にがんばると後で疲れちゃうから」(31歳/学校・教育関連/その他)

・「素の自分が出せるいつもの服装。カッコつけると疲れるから」(33歳/情報・IT/技術職)

最初からがんばり過ぎると後で疲れるから「普段着」で行く、という声もありました。デートの回数を重ねるうちに、だんだんと手抜きファッションをされるよりは、最初からラフな服装のほうがいいのかもしれませんね。彼の服装に気合いが入っていなかったとしても、あまり気にする必要はないのかも?

■一番お気に入りの服装

・「自分が一番気に入ってる服を着ていく。あとは相手の相性次第」(33歳/その他/営業職)

・「自分のお気に入りの服。だらしないと思われるのだけは嫌だ」(39歳/自動車関連/技術職)

・「自分が一番好きな服装。そこを否定されると付き合えないから」(38歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

「勝負服」といえば、やっぱり「お気に入りの服」ですよね。最初から自分のファッションセンスで勝負する男性も多いようです。もし相手の好みに合わずに否定されたらツライですが、そんな女性とは付き合っていけないというのも男性の本音だそうです。

<まとめ>

本命女性とのデートで着る「勝負服」として、4つのパターンがありました。とにかく清潔感を大事にしたり、ジャケットできちんと感を出したりと、男性もいろいろと考えて洋服を選んでいるようです。気になる彼と初デートに行くときは、彼のファッションにも注目してみてくださいね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月21日~2016年7月23日
調査人数:393人(22~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]