お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

君にだけだよ……? 女性が“好きな男性”にだけ見せる「甘い顔」4

フォルサ

とっておきの甘え方

疲れたときや、わがままな気分のときなど、家族意外に甘えられる相手がいるのはすてきなことですよね。そこで今回は、女性が彼氏だけに見せるとっておきの「甘え方」について聞いてみました。

■とにかく密着戦法

・「さわる、くっつきにいく。ほかの人にはできない」(34歳/情報・IT/技術職)

・「彼がゴロゴロしているところにぴたっとくっついて離れないこと」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「とりあえずくっつく、足の間に入る」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「腕をつかんでみる、そして笑顔になる、」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

まずは密着、それから甘える。という流れで彼氏に甘えると回答した女性が非常に多かったです。やはり、彼に近づいて触れることで湧いてくるウキウキは、カップルにとって何よりも幸せでしょう。

■にゃんにゃん言葉で

・「仕事ではバリバリなのに赤ちゃん言葉でしゃべり続ける」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「語尾がもにょもにょよくわからない言葉遣いになる」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「『ぴよ』『にゃー』など動物の鳴き声のまねをして甘える。」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

普段は外で絶対に使わない、そんな猫なで声の甘え方もあるでしょう。あまりに幸せすぎて語尾がいつもとちがっちゃう。それすら彼にとって彼女をかわいく見せてしまうポイントになるようです。

■愛されテクニック発動

・「少し上目遣いで目をじっと見て、話をする。」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「泣きまねをよくして甘やかしてもらう」(28歳/不動産/販売職・サービス系)

・「寂しくなると肩の上にあごを乗せて目をじっと見ます。」(24歳/金融・証券/営業職)

彼氏じゃない人に向けてすると、どこかいやらしく感じられるような甘えテクニックも、彼氏には思う存分したくなりますね。愛されテクを見た彼もきっと、彼女をかわいいと思ってくれるでしょう。

■お互いにスキンシップ

・「ひざまくらしてもらったり、脚の裏をもんでもらったりしてもらう」(27歳/電力・ガス・石油/営業職)

・「くっついたりもたれたり。。。。」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「部屋の中ではくっついて座ったりすること」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

彼女からの甘えたいサインをきっかけに、どっちからともなく近づいて、お互いの距離を近づけていく。これは、お互いの感覚がわかっているから成せる上などテクニックではないでしょうか。

■まとめ

いかがでしたか? 近くに寄ったり、上目使いで見つめたり……。彼氏にだけしてしまう、かわいい甘え方が満載でしたね。好きな女性に甘えられてうれしくない男性はいないはず。恥ずかしがらずにどんどん甘えちゃいましょう。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月19日~7月24日
調査人数:121人(22歳~34歳の女性)
※画像はイメージです

(フォルサ/竹林みか)

お役立ち情報[PR]