お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

……並びたくない! 許容してるけど、どうしても許せない彼のファッションセンス・5選

ファナティック

もし付き合う前なら、絶対に許せない!という彼のNG部分でも、なぜか付き合いが長くなるにつれ、許してしまうのだから不思議ですよね。そこで今回は、許容してるけど、彼氏のセンスでどうしても許せないことについて、社会人女性のみなさんに本音を語っていただきました。

■アニメ好き

・「ファッションの随所随所で、キャラクターモチーフを入れることです」(32歳/その他/その他)

・「アニメキャラクターのTシャツ。いい年して恥ずかしいから」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

・「漫画アニメ好き」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

アニメが好きというのは、まだ許せる範囲かもしれません。最近のアニメ自体が大人が対象となっていることもありますよね。ですが、それをファッションに取り入れるのはちょっとどうかと思ってしまうかも。

■原色を着る

・「原色のTシャツばかり着る」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「オレンジ色など原色の服を好んで着ること」(24歳/建設・土木/その他)

オシャレに気をつかう男性も多いのですが、ファッションに関しては適当な人も多いですよね。原色を着られると、さすがに一緒に歩くのが恥ずかしい……と思うこともあるかもしれませんね。

■ダサいファッションでも平気

・「ダサいTシャツをデートで着てきたときは嫌だった」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「いつも派手なダサいネクタイをしている」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「カジュアルな服装にビジネスバッグ……」(34歳/電力・ガス・石油/技術職)

ファッションに無頓着な男性も多いのではないでしょうか。組み合わせがおかしいこともしばしば。いきなりは難しいですから、少しずつ変えていく教育をする必要がありそうですね。

■服がヨレヨレ

・「部屋着だからと言ってあまりにもボロボロなものを着続けていること」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「パジャマ代わりの首がゆるゆるになったTシャツ。寝るだけと言ってもひどすぎ」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「ボロボロのジーパン履いてること」(24歳/生保・損保/事務系専門職)

いくら外に出ないといっても、さすがにくたびれた服は処分してもらいたいですよね。その格好で外に出ないという点だけで、まだ許せているのかもしれませんね。

■どこでもジャージ

・「ジャージでデートに来ようとする」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「ヤンキージャージ。年齢に合わない」(33歳/医薬品・化粧品/その他)

ジャージで出歩くつわものもいるようです。さすがにジャージでデートはありえませんよね。深夜のコンビニに行くにしても、もう少しましな格好をしていてもらいたいですね。

■まとめ

許容してるけど、彼氏のセンスでどうしても許せないことについて、さまざまなエピソードが寄せられました。彼女としては、できれば彼氏にはオシャレをしてもらって、デートをしたいですよね。彼にもそれなりの格好をしてもらいたいもの。あなたが彼氏のセンスでどうしても許せないコトはありますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月26日~7月28日
調査人数:95人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]