お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

もしも働かなくても食べていけるなら……「今の仕事を辞める」女性●%

ファナティック

なんのために毎日仕事をするのか、その理由は人それぞれです。純粋に「お金」のためという方もいれば、「やりがい」のため、という方もいるでしょう。もしもあなたに、働かなくても食べていけるだけの収入があったとしたら、今の仕事は辞めますか? それともこれまで通り、続けていきますか? 働く女子の本音を聞きました。

Q.もし、あなたに働かなくても食べていけるだけの収入があったら、今の仕事は辞めますか?

「辞める」……55.4%

「続ける」……44.6%

「続ける」女子よりも、「辞める」女子の方が多いことがわかりました。それぞれの理由もチェックしてみましょう。

<「辞める」と思う女子の意見>

■即、辞めます!

・「金がないので働いているので、できれば働きたくない」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「辞めるに決まってるじゃん。会社なんて大嫌い」(28歳/不動産/秘書・アシスタント職)

今の仕事にやりがいを感じられない方、そして職場のトラブルに悩んでいる方にとっては、「即やめます!」というのが本音なのでしょう。ストレスから解放されて、初めて「今の自分が本当にやりたいこと」も見えてきそうです。

■「今の仕事」は辞めるけど……

・「この仕事は辞めたい。時間的に楽なところに転職する」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・「そのお金を使ってベンチャーを立ち上げたい」(28歳/生保・損保/営業職)

こんな意見もありました。今の仕事は辞めるけれど、働くこと自体は辞めない!という女子たち。「自分」と「仕事」の関わり合い方を、見つめ直すきっかけになるのではないでしょうか。

<「続ける」と思う女子の意見>

■好きだから

・「仕事が楽しいので、続けたいと思う」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「やりがいを感じている仕事だったら続けたい」(31歳/その他/技術職)

現在の仕事に「やりがい」を感じている場合、仕事の価値はプライスレスです。給料にこだわらなくても済む分、むしろ今よりも、自由に仕事を楽しめるのかもしれませんね。

■社会とのつながりを

・「社会とは関わっていたい。辞めてしまったら、ものすごい狭い世界でしか生きられないから」(27歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「職歴にブランクができると、社会的信用がなくなり、色々厄介だから続ける」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

お金があっても、社会で孤立している人生には、なにかとトラブルも付き物。何よりも、自分自身が孤独です! 働いている今は人間関係に辟易することも多いかもしれませんが、実はかけがえのないものだと言えそうです。

■今後を見極めて

・「世界恐慌がきたら紙幣は紙くずになるからです」(24歳/食品・飲料/技術職)

・「老後のことを考えると体力があるうち」(35歳/医療・福祉/専門職)

非常に冷静に「今後」を見極める意見も目立ちました。今だけを見て判断してしまうと、将来の自分が困る可能性もあります。働けるうちにきちんと働き、将来に備える気持ちも大切なのでしょう。

■まとめ

自分がなんのために働いているのかを考えてみると、自然と答えも見つかるのかもしれませんね。現実には難しいかもしれませんが、もしも働かなくても食べていけるとしたら、あなたならどうする? ぜひ身近な人と、こんな話題で盛り上がってみてください!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数157件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]