お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート

男性に聞いた! 彼女の家に行ったときにチェックすること3つ

ファナティック

部屋のインテリアや雰囲気には、そこに住む人の個性やセンスが表れるものですよね。だからこそ、人の家に招待されたときには、知らず知らずのうちにいろいろなところをチェックしているという人も多いのでは? 今回は男性たちが彼女の家に行ったとき、どんなポイントをチェックしているのか調べてみました。

<彼女の家に行ったときにチェックすること>

■インテリアのセンス

・「インテリア。センスと自分とセンスが合うかわかるから」(39歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「部屋のセンスと片づいている感じ。物に対しての価値観や生活スタイルを知りたいから」(37歳/その他/販売職・サービス系)

・「本棚やCD」(33歳/建設・土木/営業職)

その女性のセンスがダイレクトに伝わるインテリア。どんな家具を選ぶのか、どんなものが収納されているのか興味津々で見ている男性も多そう。同じような趣味があれば会話も広げることができるし、価値観が同じだともっと距離を近づけることができそうだと思えるのかもしれませんね。

■日ごろの食生活

・「ちゃんと食事をとってるかどうか」(39歳/機械・精密機器/技術職)

・「台所の調味料。ちゃんと料理をしているか」(38歳/情報・IT/技術職)

・「冷蔵庫。ひとり暮らしだとちょくちょく賞味期限切れの食材や調味料があるもの」(37歳/農林・水産/その他)

・「スーパーの総菜の容器が散乱してないか。料理のできる人を彼女にしたいという個人的な願い」(37歳/その他/その他)

ひとり暮らしなのに自炊している気配がないキッチンというのは、男性たちを不安にさせるかも。女性に家庭的な雰囲気を求めるタイプの男性なら、食材や調味料などをきちんとそろえていて、キッチンをキレイに使っているという女性に惹かれるのでしょうね。

■掃除ができるかどうか

・「汚さ。掃除ができない人は嫌なので」(38歳/その他/販売職・サービス系)

・「整理されているか。将来一緒になったときに整理できない人だと困る」(37歳/情報・IT/技術職)

・「きちんと掃除や片付けが行き届いているかどうか。こういう何げないところを見ることでどういう育ちをしたのかが読み取れる」(36歳/通信/その他)

部屋をよく見てみると隅にホコリがあったり、収納棚の中がぐちゃぐちゃというのでは「片づけられない女」だと思われてしまいそう。衛生観念が自分と合うかどうか、不要な物をためこむタイプではないかというのも男性にとっては大事なチェックポイントのようです。

<まとめ>

部屋を見るだけで、そこに住んでいる人の生活スタイルや価値観などは、ある程度見えてくるようです。人を家に呼ぶとなったら、ある程度は片づけるものですが、そういう努力すら見えない女性だと男性としても幻滅してしまいそう。洋服やメイクで着飾るのと同じように、部屋も自分の印象を大きく左右するということは覚えておいたほうがよさそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月21日~2016年7月22日
調査人数:349人(22~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]