お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート

○○宣言にムカッ! デート中に「イラっとする」女性の言動4選

ファナティック

デート中、相手の言動は思い通りにならないものです。それがイラッとするようなものだと、もう次のデートはないかもしれませんよね。デートで男性をイラッとさせてしまう女性の言動について、働く男性の意見を聞きました。

■素早く決められない

・「注文時になかなか決められない」(38歳/情報・IT/技術職)

・「何でも決められない」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「行き先や食事場所などを丸投げされること」(30歳/自動車関連/技術職)

女性がデートのプランを男性に任せっきりにしたうえに、食事の注文にも時間がかかるようなら、イライラしてしまう男性は少なくないかもしれません。

■スマホを頻繁に見る

・「スマホばかりいじっていること」(23歳/その他/専その他)

・「携帯を触っている時間が多い」(38歳/金融・証券/営業職)

・「とにかくスマホいじり」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

ゲームやSNSなど、ついついチェックしてしまう人も多いのでは? しかし必ずしもデート中にしなければならないことではありませんよね。気になることがあっても、デート中は相手とコミュニケーションをとって、一緒に楽しむほうがお互いにいい時間を過ごせそうです。

■疲れた宣言

・「すぐに疲れたと言う」(28歳/その他/その他)

・「疲れるのが早い」(27歳/その他/専門職)

・「すぐに『疲れた。カフェ(に行こう)』と言う。そして自分では払わない」(37歳/機械・精密機器/営業職)

女性はヒールの靴を履く人も多いですよね。ペタンコの靴に比べて体力を消耗しやすいのも事実ですが、「疲れた」ばかり言われると男性も気分が下がってしまいます。

■自分の話をする

・「自分の話ばかりする人。相手の話を聞かない人」(36歳/建設・土木/技術職)

・「自分のことばかりしゃべる人」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

・「自分の話しかしない。自分の友だちの話はうっとうしい」(32歳/電機/技術職)

自分の話を聞いてもらうのは楽しいですよね。ただ自分の話ばかりではなく相手の話にも耳を傾けると、2人の距離はもっと縮まるかもしれません。

■まとめ

デート中のケンカはつらいですよね。女性が男性に対して怒るケースが多い印象ですが、男性も女性の何気ない言動にイライラしているようです。お互いにピリピリした雰囲気にならないよう、思いやりを持ってデートしたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年8月にWebアンケート。有効回答数104件。22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]