お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート

おいおい下着スケてんぞ! 男性がドン引きした女性の浴衣5選

ファナティック

夏祭りや花火大会で見かける浴衣の女性、非日常感もありいつも以上に色気を感じさせると男性ウケも抜群です。しかし浴衣を着ていればいいというわけでもありません。今まで見た中で、ドン引きした浴衣の女性はどのようなものか、男性のみなさんに聞いてみました。

■しわしわ

・「浴衣姿が汚くて、しわだらけのもの」(31歳/自動車関連/その他)

・「しわだらけでぐちゃぐちゃ。ちゃんと伸ばせよ……と思いました」(37歳/機械・精密機器/営業職)

きちんとアイロンがかけられておらず、しわしわのまま着ていてドン引きという意見が見られました。めったに着ないものだからこそ、手入れは必要ですよね。

■着方がおかしい

・「帯の締め方がわからなかったのか、玉結びにしている女性がいたが、見栄えが悪くてちょっと引いてしまった」(36歳/情報・IT/技術職)

・「一度脱いだらもう一度着ることができなかったらしく、変な感じの着方していた女性」(33歳/商社・卸/営業職)

・「派手な浴衣でひざあたりで捲り上げていた。かわいいと思っているようだったが、ヤンキーにしか見えず、普通に着こなしてほしかった」(38歳/情報・IT/技術職)

帯の締め方や、着物の左右のあわせが間違っていてドン引きというエピソードも多数。ただ浴衣をまとえばいいというわけではなく、きちんと着方をしる必要があるようです。

■下着が見える

・「白い浴衣で、下着が透けてしまっているもの」(33歳/小売店/事務系専門職)

・「浴衣の着方がだらしなくて、下着が見えていた」(36歳/建設・土木/技術職)

・「下着がスケスケな浴衣女性。萌えるというより引いた」(30歳/学校・教育関連/専門職)

昔の人は下着をつけなかった、という話もありますが今の時代はそうもいきませんよね。ですが色の薄い浴衣で下着が透けていたり、ラインが出てしまっていると引いてしまう男性は多いようです。

■柄がちょっと……

・「何か渋そうな色とか柄のやつを着てたとき」(24歳/運輸・倉庫/その他)

・「全体に花火の柄が描かれた浴衣。花火大会の会場で見かけて『どれだけ花火が好きなんだろう』と引いてしまった」(34歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「全体的に地味で、夜に色がわからないものは、あまりきれいに見えない気がする」(29歳/情報・IT/技術職)

ギャルっぽい派手すぎる柄や迷彩柄、逆に渋すぎる柄を着ていてちょっと……となった経験のある男性も多いよう。洋服と同じ感覚で選ぶと失敗することもあるので、わからないときは店員さんなどと相談するのが一番かもしれません。

■着方に品がない

・「せっかく日本の美なのに茶髪やアクセサリーがジャラジャラしている」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「金髪、ギャルメイクに浴衣はやめてほしい。すごく品がなく見える。浴衣のときは浴衣に合ったメイクをしてほしい」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「わざと肩を出して着ていた女性。花魁のような感じなのだろうが、いくらなんでもダメだろうと思った」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

浴衣に似合わない髪色やメイクをしていたり、着崩してきていたりと着方に品がなくてドン引きしたという男性も多数。アクセサリーは控えめにするなど、きちんとルールを守って着こなしてこそ浴衣の魅力は発揮されます。

■まとめ

着物は男女ともに左の身頃を上に着る(着付けでは右上という言い方をします)のが決まり。あわせを逆にしてしまうと死装束といって死んだ人の着方になるので要注意です。ですが街中をみるとその決まりをしらないまま間違った着方をしてしまっている人は多くいます。そんな中で、きっちりきれいに着こなしているとカッコいいですよね。浴衣を着るときはちょっと着方や動作の仕方を調べてから着ることをオススメします。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数106件(22~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]