お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

不倫の果ての……! ドン引きした「友人の結婚相手」の特徴3選

ファナティック

友人の結婚といえば、自分のことのようにうれしいもので、心から祝福してあげたいと思いますよね。でも、友人が結婚相手として選んだ男性によっては、素直にお祝いする気持ちにもなれなさそう。今回は、友人の結婚相手がどんな男性だった場合にドン引きしてしまうのか、女性たちに聞いてみました。

■不倫の果てに

・「奥さんから略奪した不倫相手。よく大々的に結婚式ができるもんだと感心した」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「浮気相手と再婚した」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「友人の親友の元カレ。しかも友人がちょっかいをかけて別れさせたといういわく付き」(32歳/自動車関連/技術職)

好きな人との結婚が叶ってよかったねと言いたいけれど、それが不倫の果ての略奪婚となると複雑な気持ちになりそう。不倫だから幸せになってはいけないとまでは言わないにしても、自分たちのせいで不幸になった人がいるとわかっていながら、その責任を感じていなさそうなところがドン引きの理由なのでしょうね。

■家庭を持つ自覚がない

・「ママの近くに住まないと嫌! という男。私なら無理」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「無職の人。できちゃった婚で、相手が無職だったので、まず就職してもらうことからはじまって大変だった」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「妊婦のころから子どもが生まれても1カ月も経たずにすぐに仕事を辞め、転々としてる旦那さん」(23歳/食品・飲料/営業職)

いくら若くても結婚するということは、自分自身が大黒柱となる家庭を築くこと。夫となる男性のその自覚がなさそうなのを見てしまうと、こんな人で大丈夫なのかなという気にもなりそう。幸せに浸りきっている二人には申し訳ないけれど、自立できていない男性との結婚は苦労も多いと忠告したくなりますね。

■性格に問題あり

・「モラハラタイプで自分が大好きな人。自分だったら嫌だな……と思ったから」(33歳/不動産/専門職)

・「年収はそれなりに高い人だったが、喋り方がとにかく偉そうで見下すような言い方をする」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「親に言われてお見合いして結婚したらしいが、ものすごく性格が悪くて嫌味な人だったとき」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

友人の男性の好みに口出しはできないけれど、性格的に問題のありそうな人との結婚は「それでいいの?」と言いたくなるかも。友人にだけはいい人なのかもしれませんが、周囲の人に不快感を与えるような言動を平気でできる人は、友人の価値まで下げてしまいそうで心配ですよね。

■まとめ

大切な友人が結婚するのに、心からおめでたいと思えない。自分にはあまり魅力的に見えない相手でも友人にとってはかけがえのない存在なのかもしれませんが、結婚相手のせいで友人との距離を置きたくなりますよね。もちろん、面と向かって本人には言えないし、幸せになってくれればそれでいいとも思いますが、自分が結婚相手を選ぶときには周囲からも心から「おめでとう」と祝福してもらえる相手を選びたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月14日~7月19日
調査人数:118人(22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]