お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

「ふーん、俺ってこう見られてるんだ……」友だちに紹介された女性にがっくりした経験・4選

ファナティック

独身生活が長く続くと、まわりが心配して紹介をしてくれることもあるもの。文句は言えないものの、紹介してくれる相手によっては、自分がどのように思われているのかわかってしまうこともありますよね。今回は社会人男性のみなさんに、友だちに紹介された女性にがっくりした経験について、本音を語っていただきました。

■ぽっちゃりしていた

・「学生時代のこと、ややぽっちゃりな女性を紹介されてイラついたことはある。面食いな自分にとっては、体形が重要であることは言うまでもない」(29歳/情報・IT/技術職)

・「めちゃくちゃ太った人を紹介されて、まあ、そういうふうに見られているんだなと思った」(33歳/小売店/事務系専門職)

・「顔が微妙なちょいぽちゃの女性を紹介されたとき」(28歳/商社・卸/営業職)

友だちも自分の好みを全て知っているわけではないですよね。たまたま紹介された女性が、自分の好みではないことも多いのではないでしょうか。

■性格が合わない

・「見た目もしゃべりもまったく合わずに、気まずかったことがあります」(32歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「外見の問題ではなく、飲みの席で初対面にも関わらずはしゃぎすぎていた」(37歳/金融・証券/営業職)

・「言葉づかいが悪い」(31歳/自動車関連/その他)

実際に付き合うとなると、外見もそうですが、性格も大切になりますよね。特に初対面での印象は大きいものですよね。いくら性格のいい女性であっても、初対面の印象がよくなければ、その先は考えられませんよね。

■ブサイクだった

・「めちゃくちゃブサイクだった」(26歳/農林・水産/技術職)

・「学生時代にすごいブサイクを紹介された」(33歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「ブサイクな人を紹介されたとき」(33歳/電機/秘書・アシスタント職)

ブサイクといっても、人によって好みはちがうのでジャッジは難しいところ。友人はそうは思っていないので、紹介してくれているはずなので……。

■体格がよすぎる

・「先輩の誘いで行ったダブルデートのような会で、会った相手がひどかった。野球好きな先輩の好みなのか、その女性も野球をやっていて、とても男っぽかったのを覚えている」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「柔道部出身でびっくりするくらい肩幅が大きい。明らかに売れ残りを斡旋されて、これくらいしか残っていないのか、と残念になる」(36歳/金融・証券/営業職)

紹介された女性が体育会系だと、どうしても体格がよいのは仕方がないかもしれませんね。体育会系の場合、そのスポーツに打ち込んでいて、たまたま彼氏が作れなかっただけかもしれませんものね。

■まとめ

「おばさん。いい人ではあったが、外見が好みじゃなかった」(38歳/情報・IT/技術職)というように、やはり外見を重視する男性は多いようですね。また、「一度、バツイチの女性を紹介されたことがある。同い年だったが、ちょっと困ってしまった」(32歳/学校・教育関連/専門職)といったように、年齢にもよるのかもしれませんが、バツイチはちょっと……という男性もいるようですね。紹介された出会いで、うまくいくのは難しいものなのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月15日~7月15日
調査人数:108人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]