お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

「勝ち組女性」が持っているもの4つ

ファナティック

勝ち組女性になりたいのであれば、まず形から! そのためにはまず、彼女たちの持ち物を見習ってみる、というのはどうでしょうか? そういうものを持つことによって、気持ちが前向きになり、やる気がみなぎってくるかもしれませんからね。今回は、働く女性たちに、「勝ち組の人はこれを持っている!」と思うものを教えてもらいました。

■恋人からもらったアクセ

・「アクセサリー。男からもらっていると思うから」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「高価な装飾品。高収入の旦那などを持っていて、携帯にも仲よさそうな家族写真があったりすると金銭的にも女としての幸せも両方手にしたんだと思うから」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ダイヤの指輪。小さくても、ダイヤの指輪を贈られるような人が勝ち組なんだと思う」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

恋人やパートナーからの愛の象徴とも言えるアクセサリーのプレゼント。贈ってくれる人がいないと、得ることがなかなか難しいアイテムです……。恋人探しからがんばる! という手もありますね。

■コスメ、スキンケア用品

・「高級化粧品。自分磨きに余念がないから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「かわいいコスメポーチ。コスメも欠かさなそう」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「身だしなみポーチにメイク道具。女性らしいので」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「ハイブランドのスキンケア商品」(29歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

ドラッグストアのプチプラコスメやスキンケアアイテムではなく、デパートやネット販売しかしていないような高級品を使えば、お肌の状態もよくなり、魅力に磨きがかかるかもしれませんね。

■最低限のエチケット

・「ハンカチ、ティッシュ、絆創膏。女性として当たり前だけど、まわりの人がなくて困っているときにサッと出してくれそうだから」(26歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「ハンカチとティッシュ。女性らしく、身だしなみがしっかりしていそうだから」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「絆創膏。ちょっとしたケガのときにすぐ差し出せて、気が利く人に見えそうだから」(30歳/電力・ガス・石油/秘書・アシスタント職)

・「ハンカチ。マナーなものをちゃんと持っている」(27歳/自動車関連/営業職)

ハンカチ、ポケットティッシュ、絆創膏は女性として最低限持っておきたいもの。いざというとき、しわくちゃなハンカチを出して恥をかかないように、毎日きちんとプレスがきいたものを持ち歩きたいですね。

■ブランド品

・「さりげなく見えないところだけをブランド物にしている。感じがいいから」(23歳/その他/その他)

・「自分のスタンスに合ったブランドのコスメや鞄。自分のスタンスをきちんと捉えている、というのが大事だと思うから」(33歳/不動産/専門職)

・「質のいいブランドもの、長く使う」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「ブランドバッグ、ご褒美ジュエリー。がんばった自分へのご褒美に買ってそうだから」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

コーデの中でブランド品を取り入れるのであれば、やっぱりバッグが一番取り入れやすく、主張がはっきりするでしょうね。

■まとめ

勝ち組女性に近づくために、彼女たちの真似をしていれば、次第に本当に勝ち組になれるかもしれません。まずは形だけでも彼女たちになりきり、いつか本物の勝ち組女性になり、輝く自分を手に入れたいですね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月13日~7月19日
調査人数:118人(22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]