お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

「“女子女子”してる女子」と「“サバサバ”してる女子」男子的にはどっちが好印象?

ファナティック

女子日頃、女性らしさを意識して生活していますか? もともと、女性らしい雰囲気を持っているという女性もいますが、自分自身が振る舞いに気をつけることで女性らしさをさらに強くアピールすることもできそうですよね。今回は、女性らしさを前面に出した女性と、そうでない女性のどちらのタイプの女性とお付き合いしたいか、男性のみなさんに聞いてみました。

Q.付き合うなら、どちらのタイプの女性がいいですか?

女性らしさを前面に出した女性……55.3%
女性らしさをあまり出さない女性……44.7%

女性らしさを前面に出した女性と付き合いたいという男性が、半数以上という結果に。では、どうしてそう思うのかくわしく聞いてみましょう。

■女性らしさは異性としての魅力

・「作っていたとしても、やはり女性らしい人に惹かれる」(36歳/学校・教育関連/専門職)

・「そのほうが魅力的に見えるから」(24歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「そのほうが異性として引かれる」(35歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「女らしさは大切であるから。いつまでもキレイでいてほしいし、恥じらいを忘れてほしくない」(38歳/情報・IT/技術職)

努力して出していたとしても女性らしさのある人のほうが魅力的に見えるし、恋人選びの際には重要なポイントになるという男性が多いようです。男性にはない、柔らかい雰囲気や優しさは女性のアピールポイントとして大いに押し出してもらいたいと思っているみたいですね。

では、あまり女性らしさを出さない女性のほうがいいという男性にも理由を聞いてみましょう。

■自分にだけ見せてほしい

・「出されすぎてもありがたみが薄くなりそうなので」(33歳/商社・卸/営業職)

・「自分にだけそういう面を見せてくれたほうが、特別な感じがして余計に好きになりそう」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「ほかの男にも狙われたらイヤなので、ツンデレがいいです」(37歳/機械・精密機器/営業職)

普段から女性らしさを見せているとほかの男性にも狙われそうだし、自分自身もそのありがたみが感じられなくなる。女性らしさを出すのなら、誰に対しても平等にではなく自分の前でだけ見せて欲しいという男性も少なくなさそう。誰も知らない女性らしさを自分の前でだけ出してくれると、その女性にとって特別な存在になれたような気になれるみたいですね。

■不意に見える女らしさがいい

・「不意に女の子らしさを出した際にかわいいと感じるから」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「女性らしさを前面に出してくる人は、あざとい気がしてイヤだからと言いたくなるのでイヤです」(36歳/情報・IT/技術職)

・「奥手っぽくて好感が持てる」(38歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

いつもは、あまり女性らしさを感じさせない人が、不意に見せる女性らしさこそかわいいという男性も。女性らしさを前面に押し出している人に対しては、男性ウケを狙っているような気がして好感が持てないけれど、そうでない女性は男目線を気にしていない自然体なところが好印象なようです。

■まとめ

女性にはやっぱり「女性らしさ」を求めてしまうという男性は少なくないものの、たまにでも見せてくれれば良い、自分の前でだけ女性らしければ十分という男性も。女性らしい女性というのはもちろん魅力的ではあるけれど、キャラ的にどちらかというとボーイッシュな感じの女性が、ふとした瞬間に見せる女性らしさというのは、ギャップも大きくてその分魅力も増すのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数103件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]