お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

イタタタタ……結婚に夢見がちな女子の特徴「結婚後はもう○○だと思ってる」ほか

ファナティック

結婚への憧れを抱いている女性は多いですよね。いつか素敵な旦那さまと出会い、結婚が現実になることを夢見ているのではないでしょうか。今回は女性のみなさんに、結婚に対して夢見がちな女子の特徴について、シビアな意見を述べてもらいました。

■結婚式を開くことが夢

・「結婚式でウェディングドレスを着ることが目的になっていそう」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「結婚式自体に夢を持っているような人」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「結婚式についてはあれこれ考えられるけど、そのあとの生活についてはあまり考えていない」(28歳/金融・証券/営業職)

結婚することが夢なのではなく、結婚式を開くことが夢になっていると、なかなか結婚を実現するのは難しくなってくるのかもしれません。結婚式を挙げたあとこそ、結婚のスタートですものね。

■結婚後にラクしたい

・「結婚すれば生活が楽になると思ってる」(25歳/情報・IT/事務系専門職)

・「結婚したらダラダラできると思っている」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「結婚がゴールと思って、夢見心地の生活になると思っている人」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

結婚すれば楽な生活ができると思っていると、大間違いかもしれません。結婚相手によっては共働きをしなければならないこともありますし、将来的に子どもが生まれると、教育費などを考えて働かざるを得ないことも考えられますよね。

■白馬の王子様を待っている

・「王子様がいつか迎えに来てくれると思っている人がいる」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「白馬の王子様が迎えにくると思っている」(23歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「馬に乗った王子様みたいなことを言う人」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

現実逃避をしている人だと、いつか白馬に乗った王子様が自分のことを迎えにきてくれると、真剣に信じているかもしれません。待っているだけで幸せになれるのなら、世の中の女性も苦労はしませんよね。

■理想が高すぎる

・「理想が高すぎて婚期を逃していそう」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「理想ばかりで金銭面など現実を見ていない人です」(28歳/その他/その他)

・「理想が高すぎるくせに、自分から行動を起こさない」(29歳/医療・福祉/専門職)

独身生活が長くなると、いつの間にか理想ばかり高くなってしまっていることもあります。近くにいい人がいるのに、見逃してしまっているのかもしれませんね。

■まとめ

結婚を夢見ることは決して悪いことではありませんが、理想を膨らませ過ぎて、過剰に結婚に期待をしすぎると、なかなかいい相手を見つけることができないかもしれません。結婚相手を見つけるには、長く一緒に暮らせることができるかどうか、それが一番大切なチェックポイントなのではないでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数139件(22歳~35歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]