お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

【男性の本音】「潔癖女」と「不潔女」、結婚するならどっち?

ファナティック

いき過ぎたキレイ好きの「潔癖女」はちょっと付き合いづらい気もしますが、逆に不潔にしていても平気な「不潔女」というのも困ったもの。両極端すぎる衛生観念ですが、どちらか選べと言われればどっち? 今回は、男性が結婚相手として選ぶのは「潔癖女」なのか「不潔女」なのかを調べてみました。

Q.「潔癖女」と「不潔女」、結婚するならどっち?

「潔癖女」……74.1%
「不潔女」……25.9%

7割以上の男性が、結婚するなら「潔癖女」のほうがいいと回答しているようです。では、どうしてそう思うのか理由を聞いてみましょう。

<「潔癖女」を選んだ男性の意見>

■家庭のためになる

・「親がだらしないと、子どももだらしなくなるから」(31歳/医療・福祉/技術職)

・「潔癖のほうが、家がキレイ。自宅を汚部屋にされるのは勘弁してほしい」(39歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

・「不潔は生活態度に出ると思うから、外での行動も想像がつく」(39歳/情報・IT/技術職)

結婚して子どもができたら母親となる人だから子どものお手本としても、不潔な人は困る。結婚するなら潔癖なくらいキレイ好きでいてくれたほうが家庭を安心して任せられると思うようです。帰ったときに家が散らかり放題というのでは、自宅がリラックスできる場所にはなりませんよね。

■片付けなどが苦手だから

・「自分が整理整頓等が苦手なので、清潔な人はそれが得意そうで、いろいろと教えてもらってお互いにとってよさそう」(32歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「どっちも困るが、自分自身がだらしないため、似た者同士ではもっとひどいことになりそうだから」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

・「潔癖な人となら自分もキレイ好きになれるかもと思う」(28歳/商社・卸/その他)

自分自身が掃除や片づけが苦手なので、その部分を補ってくれる人がいいという男性も。似た者同士がいい部分はあるものの、衛生観念に関しては、似た者同士で結婚すると家がひどいことになりそう。潔癖な女性と一緒にいることで、自分の悪いところも変えられそうな気がするみたいですね。

では、不潔女のほうがいいという男性にも理由を聞いてみましょう。

<「不潔女」を選んだ男性の意見>

■疲れなさそう

・「潔癖すぎて疲れて別れてしまいそう。であれば不潔のほうがいいと思う」(34歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「潔癖症はうるさくて付き合いきれないと思うから」(25歳/情報・IT/営業職)

・「自分もさほどキレイ好きじゃないから。潔癖症の人はいつも、カリカリしてそうで嫌です」(22歳/ホテル・旅行・アミューズメント/クリエイティブ職)

潔癖すぎる女性は自分にも同じレベルを求めてきそうで、一緒にいると疲れてしまう。その点、だらしないけれど気楽な不潔女との結婚のほうが、ストレスもたまらないイメージがあるようです。男性自身が少しくらい汚れていても気にならない人なら、不潔女に対しても許容範囲が広いのかもしれませんね。

<まとめ>

今回のアンケートでは潔癖女のほうが結婚相手として安心できるという回答のほうが多かったようですが、実際のところ潔癖すぎる人との生活は疲れてしまう部分もありそう。もちろん、不潔にしているのは健康にもよくありませんが、潔癖すぎていつもカリカリしているというのでは、体よりも精神的に問題があるかも。どちらにしても、自分と衛生観念がちがい過ぎる人との結婚生活は、どちらかが我慢することも多そうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月14日~7月15日
調査人数:394人(22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]