お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

男性の本音はコレ! 結婚したら、奥さんと一緒にお風呂に入りたい?⇒「はい:●%」!

ファナティック

結婚したら大好きな人と一緒にいられる時間も増えるし、恋人同士の間よりもイチャイチャするチャンスも多そう。一緒にお風呂に入るというのもスキンシップとしては大切にしたい時間ですが、男性たちは奥さんとお風呂に入ることをどう思っているのでしょうか。今回は、結婚後のお風呂の入り方について男性たちに聞いてみました。

Q.結婚したら、奥さんとは一緒にお風呂に入りたいですか?

「はい」……52.5%
「いいえ」……47.5%

結婚後は奥さんと一緒にお風呂に入りたいという男性が半数以上。では、それぞれの理由を見ていきましょう。

<「はい」と答えた男性の意見>

■コミュニケーションの手段になるから

・「子どもができて大きくなるまでは、夫婦の仲のよさを子どもが見ていることは大切だと思うから」(39歳/機械・精密機器/技術職)

・「一緒に入ることでお互いに仲よくするため。会話があると思う」(32歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「やっぱりできる限りスキンシップは深めたいからです」(37歳/建設・土木/事務系専門職)

一緒に住んでいるとはいえ、仕事が忙しくなるとすれちがいも多くなるもの。二人ともが必ず入るお風呂の時間を使うことで、会話を増やして絆を深めたいと思うようです。子どもができたときにも一緒にお風呂に入っていれば、家族団らんの気分をしっかりと味わうことができそうですね。

では、別々に入りたいという男性にも理由を聞いてみましょう。

<「いいえ」と答えた男性の意見>

■プライベートな時間として確保したい

・「プライベートな時間には干渉しあいたくない」(30歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「自分ひとりの安らぎの時間にしたいから」(37歳/情報・IT/技術職)

・「それぞれ入りたい時間がちがうだろうから」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

お風呂の時間は一日の中でも貴重なプライベートタイム。ずっと一緒に暮らしているからこそ、お風呂のときは別々でもいいという男性も。夫婦としての時間とお互いのプライベートな時間をきちんとわけることで、気持ちの切り替えができて夫婦仲もうまくいくということですね。

■リラックスするため

・「一緒だとゆっくりゆったりできないので疲れが取れない」(38歳/運輸・倉庫/その他)

・「ひとりで入ったほうがリラックスできそうだから」(23歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「ひとりでゆっくり湯船に浸かりたいから」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

よっぽどお風呂の広さに余裕がない限り、正直なところ二人で入ると狭苦しくてリラックスできない。気持ちも体もゆったりとさせたいお風呂の時間は、やはりひとりのほうがいいという男性もいるようです。湯船で思い切り手足を伸ばすにも、奥さんがいると遠慮してしまうということなのかもしれませんね。

<まとめ>

お風呂の時間を夫婦のコミュニケーションの時間に充てたいという男性が半数を超えたものの、実際、一緒にお風呂に入ると窮屈な感じがするのも事実ですよね。たまにならいいかもしれませんが、一日の終わりに体を伸ばしてくつろげないというのが続くのもストレスになりそう。とはいえ、二人でいられることが最大のリラックスになるという人にとっては、狭さも自然に密着するためのうれしい要素に変わるのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月14日~7月15日
調査人数:394人(22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]