お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

●●をはかせてくれた! 「王子様みたい」と思った男性の特徴5つ

ファナティック

男性とデートや食事に行ったときにお姫様扱いされたら大抵の女性は感動するのではないでしょうか。今回は、「王子様みたい」と思った男性の特徴について女性に聞きました。

■車で迎えに♪

・「白いプリウスでやってきて白馬みたいだった」(24歳/食品・飲料/技術職)

・「車で送り迎えをしてくれた。お姫様になった気分だった」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「家の前まで車で迎えに来てくれること」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

シンデレラのカボチャの馬車さながらに、女性は男性に車で迎えに来てもらえるとときめくようです。その際、マイカーの色は白がベスト!?

■お姫様抱っこでプリンセス気分

・「グアムでお姫様抱っこをされたこと」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「彼氏がお姫様抱っこしてくれたこと。ほんとにできるんだ! と感動した」(28歳/建設・土木/技術職)

・「お姫様抱っこをしてくれた」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

人生でそう何度もされないお姫様抱っこ。女性とはいえ持ち上げるのは力がいりますよね。もし男性にお姫様抱っこされたら感激しそうです。

■手を取ってくれる!

・「階段を下りるときに2段先に降りて手を取ってくれたこと」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「高い塀を登れなくて、そのときに先に上って手を差し伸べてくれた」(24歳/金融・証券/営業職)

・「よろけたときとかに支えてくれた」(26歳/その他/その他)

王子様といえば、気品とエレガントさ。女性が困っていたら、当たり前のように手を差し出してほしい。そう思う女性も少なくないはずですよね。

■花束に慣れている!

・「誕生日に花束を抱えて迎えにきてくれたこと」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「花束の組み合わせを考えるのがうまいとき」(32歳/自動車関連/技術職)

プリンセスに贈るのは、やはり花束。ちょっとキザに見えるふるまいでも、似合ってしまうのが王子様です。普段は硬派な男性にこそ花束を持ってほしいかも。

■○○を履かせてくれた

・「靴下を履かせてくれたりするとき」(27歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

靴下を履かせてくれるのは王子様というよりも“ばあや”みたいですが、それでもうれしいですね。体調が悪いときにやってくれたらいいですね。

■まとめ

さて、いかがですか? 王子様らしいふるまいがたくさんありましたね。本当の王子様ではなくても、一人の女性にとってのプリンスになることはできます。気遣いやいざというときの力強さを見せられるようにしておけば、お姫様の心をつかめるかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年7月にWebアンケート。有効回答数122件。22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]