お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

コイツが彼女でマジ良かった~! 仕事で忙しい時に、彼女にしてもらえたらうれしいコト3つ!

ファナティック

仕事が忙しくなると肉体的にも精神的にも疲れがたまって、何に対しても気力がなくなることもありますよね。でも、そんなときに恋人から気遣いをしてもらえるともう少しがんばろうという気にもなれそう。今回は、男性たちが仕事で忙しい時期に彼女にされたらうれしい気遣いについて聞いてみました。

■家事をしてくれる

・「好きな料理を作って待ってくれている。あー疲れたと思って家に帰ったら、自分の好きな料理を作って待っててくれたらとてもうれしいです」(37歳/機械・精密機器/営業職)
・「遅くまで待っていてくれて、手料理を食べさせてくれる。涙が出ます。疲れている体が元気になります」(38歳/学校・教育関連/専門職)
・「家事をしてくれるだけでうれしい。家事をしなくていいのでそれだけストレス解消になる」(33歳/運輸・倉庫/その他)

一人暮らしの男性だと忙しくても家事をしないわけにはいかないもの。そんなときに、彼女が料理や洗濯などをしておいてくれれば、助かるなという気持ちになりそう。疲れて帰ったときに自宅においしい料理が待っているかと思うと、早く仕事を終わらせる気力もわいてくるのでしょうね。

■労いの言葉をかけてくれる

・「たまに、一言だけ『お疲れさま』と声をかけてほしい。あまり話しかけられたりするのもうっとうしくなるから、気を使ってくれているとわかるくらいの配慮のほうがいいから」(36歳/情報・IT/技術職)
・「優しい言葉をかけてくれる。仕事で忙しいことを責められなければ何でもいい」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)
・「軽くメールで激励。忙しいときに電話とかで対応するのは疲れるが、メールで一言二言なら励みになる」(31歳/機械・精密機器/技術職)

あまり頻繁に言われるとありがたみもなくなるし、相手をするのも疲れてしまうけれど、時々「お疲れさま」と声をかけてもらいたい。自分のことを一番知っているはずの彼女が、大変さを理解してくれていると思うだけでもがんばっている甲斐があるなと思えるのかもしれませんね。

■連絡やデートの催促をしない

・「毎日の電話などをしなくてよい。電話を毎日するので1時間は取られるため」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「連絡を催促せず待っていてくれる。仕事に集中できる状況を作ってくれたほうが、仕事を尊重してくれている気がするから」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)
・「週末の予定についていちいち白黒つけようとしない。仕事を考慮して、直前まで予定が決められないのはわかっていてほしいし、一方で自分の予定はちゃんと空けておいてくれたらとてもうれしい」(36歳/建設・土木/技術職)

彼女とのデートどころか、毎日の電話やメールもおっくうなほど忙しい。そういうときに、彼女から催促されるとうんざりしてしまうようです。忙しいことがわかっているのなら、彼女のほうからは連絡を催促しないのも気遣いの一つ。黙って待っていてくれる彼女のためになら、少し無理してでも時間を作ろうと思ってくれそうですね。

■まとめ

仕事以外の部分では、余計な気を使いたくないし、時間も無駄にしたくない。それほど忙しさに追われているときには、彼女の気遣いがうれしいと思えるようです。「電話やメールくらいはほしい」、「デートの時間も作ってほしい」という気持ちがあるにしても、彼が疲れていることも理解してあげるのが、彼女としての優しさとも言えそう。仕事が一段落するまでは彼のサポートをしてあげて、自分がいて良かったと思ってもらえるようになりたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数100件(22~38歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]