お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

いいことばかりじゃない! 男性が「モテる女性も大変だ」と感じる瞬間3選

ファナティック

異性にモテるというのは、はたから見ているとうらやましい限りですが、本人としては喜んでばかりもいられないもの。モテるが故のトラブルや、妙な期待感でいつもプレッシャーを感じているという人もいそうですよね。今回は、男性から見て「モテる女性も大変だ」と感じる瞬間について聞いてみました。

■自分磨きにかけるお金と時間を聞いたとき

・「陰で努力している。女子力を上げるためにがんばっている」(32歳/電機/その他)

・「肌の手入れや体型維持をがんばっているところ」(34歳/機械・精密機器/その他)

・「自分磨きに月数万円かけてると知ったとき」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

内面、外見ともに自分を磨き続ける。モテる女性にはそういう努力も必要になりそうですが、そのためにお金と時間を使っていると知ったときに、実は大変なんだなと感じる男性も。実際には、モテるためでなく自分自身のためなのでしょうがそれでもその努力に対しては素直に「スゴイな」と思ってしまうのかも。

■気のない相手への対応に困っているとき

・「寄ってくる男たちをあしらうのが大変だなと思う」(29歳/その他/その他)

・「いちいち断りの理由を考えるのが大変そうと感じた」(39歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「複数の男に言い寄られて、しかもその中に気になる男がいずに、その対応に困っているのを見たとき。さらにそれを見た同性からも悪感情の雰囲気が漂いはじめているのを感じたとき」(39歳/建設・土木/技術職)

モテるということは、自分があまり好きになれない相手にも言い寄られるということ。冷たくあしらうわけにもいかず、かといって気を持たせるようなこともできず……と対応に困っている姿を見ると、大変だと思う男性も。好きな人にだけ好きになってもらえればいいのに、というのが、その女性の本音かもしれませんね。

■みんなの前で「いい子」を演じているとき

・「モテる人は、みんなの前で『いい子』じゃないといけないって気がした。中学のモテるかわいい子がそうだった」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ほかの派閥の女性からねたまれているとき。悪口を言われているところはよく見かける」(27歳/その他/事務系専門職)

・「八方美人過ぎて、気疲れしてそうな感じがかわいそうだった」(35歳/その他/販売職・サービス系)

ほかの人と同じように振る舞っていてもモテることをねたまれてしまうので、必要以上に「いい子」であることを要求される。誰に対してもやさしく接することが当たり前のように思われているところが大変そうだと思う男性もいるようです。普通にしていても「モテることを鼻にかけている」と思われるのは、かわいそうな気がしますね。

■まとめ

男性にモテるというのは、その人に魅力があるということ。ただ、その魅力を維持するために時間やお金をかけないといけなかったり、モテるせいで人からねたまれてしまったりするのは大変そうですよね。本人にはそんな気がなくても、気のない相手に素っ気ない態度を取ったりするだけで普通の女性以上に恨まれてしまうこともありそう。モテて困るという経験をしてみたいという人もいるかもしれませんが、楽しいことばかりではないかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月13日~7月14日
調査人数:226人(22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]