お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

その彼、大丈夫!? 「恋は盲目だな」と痛感したエピソード11

ファナティック

カップル学生の頃の恋愛は、青春の思い出ですよね。今思うと相手に夢中になりすぎて、まわりが見えていなかったということに気付かされることも。今回はそんな「恋は盲目だな」と感じたエピソードについて、友だちの話なども含めて聞いてみました。

■欠点が見えなくなる

・「好きになると、まわりや相手の欠点が見えなくなってしまう」(32歳/学校・教育関連/技術職)

・「どんなに性格悪かったり、自分を利用されていても嫌いになれない」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「性格悪い彼氏でも、好きになったら目をつぶって性格の悪さを許してしまう」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

いったん好きになってしまうと、彼の欠点や性格の悪さが見えなくなってしまうのは、まさに「恋は盲目」ですよね。欠点も含めて好きになれるのは素敵なことですが、性格が悪い彼氏に振り回される可能性もありそうです。

■まわりに理解されなくてもOK!

・「付き合いはじめると、どんどんかっこよく見えてくる」(27歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「全然イケメンじゃないのに、恋してるときにはイケメンに見える不思議」(28歳/商社・卸/技術職)

・「彼は一般的に言ってまったくイケメンではないが、自分的にはかっこよく見えている」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

付き合い始めると彼のことがイケメンに見えてくる、という現象も「恋は盲目」と言えそうです。別れた後に冷静になってみると「そんなにイケメンじゃなかったな」と思うこともありますよね。本当に恋の力は不思議です。

■ダメンズにハマる女友だち

・「彼が借金しているのに、一緒に返済しようとがんばって働いている友人」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「お金や女にだらしなくても、好きならしょうがない……と多少目をつぶってしまう友人がいます」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「浮気、借金、ウソをつくなどかなりのダメ男と付き合っていた女友だち。まわりが何度も忠告したが、自分が更生させると言って聞かなかった」(25歳/食品・飲料/専門職)

女友だちの話として、ダメンズにハマっている、というエピソードもありました。借金を一緒に返済しようとがんばったり、いろいろだらしなくても目をつぶってしまったりと、人の恋なら冷静に見ることができますよね。

■ある意味ポジティブ!

・「ちょっと怪しいと思っていても、ポジティブにとらえちゃうこと」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

・「相手がただの女好きで遊び人であったとしても、たまにしか会えなくても、『きっと仕事が忙しいんだろう』とか『忙しくても会いに来てくれた』と都合のいい解釈をしてしまう」(32歳/生保・損保/営業職)

浮気の気配があったり、ウソをついている感じがしても、恋をしているときは自分の都合のいい方に考えてしまいますよね。実際は彼が女遊びをしていても「仕事が忙しいんだろうな」と思えば、精神的にも楽になります。

■まとめ

「恋は盲目だな」と思ったエピソードについて、社会人女性のみなさんからさまざまなものが寄せられました。欠点が見えなくなったり、自分の中では史上最高のイケメンに見えていたりと、恋の力は偉大です。盲目になるくらいのめりこめる恋愛ができたら、それはそれで幸せかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数142件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]