お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

好きなのは好きなんだけど……。誰かに紹介するのが恥ずかしい彼氏の特徴4つ!

ファナティック

彼のことは好き、でも友だちには紹介したくない。そう感じたことはありませんか? 友だちに自慢できるポイントがなかったり、公言していた自分の理想とはあまりにもちがう男性だったりすると、その存在を隠したくなることもありますよね。今回は働く女性に、誰かに紹介するのが恥ずかしいと感じる彼氏の特徴を挙げてもらいました。

■見た目に何らかのマイナスポイントがある

・「頭が薄くなっている。どこがいいのかと思われてしまうのでいやである」(31歳/警備・メンテナンス/事務系専門職)
・「あまりイケメンでない人。変な空気になるのが心配。こちらが必死にフォローするのも、友だちが気を使ってくれるのも、彼氏に申し訳なく感じる」(25歳/食品・飲料/専門職)

友だちに紹介するからには、うらやましいと思われたい人も多いのでは? イケメンであれば堂々と紹介できるけれど、肥満や薄毛、顔がイマイチなど、見た目のマイナスポイントで紹介することをちゅうちょしてしまう女性も多いようです。

■マナーや一般常識が欠如している

・「食事マナーが汚い人。悪気はないだろうけど、友人に不潔なイメージを持たれるといやだから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「礼儀がなってない。無礼なことをしてしまわないか心配になってしまう」(28歳/不動産/営業職)

たとえ紹介することになっても、マナーや一般常識に問題があると、こちらがハラハラしながら見ていなければならない状況になってしまうかも。紹介する前に、最低限のマナーを教える必要がありそうですね。

■飛んでくる質問にたじたじ

・「無職や定職についていない彼。一時的に失業してたとしても『お仕事は何をされてるの?』とか聞かれたときに答えにくいから」(35歳/小売店/販売職・サービス系)
・「仕事をしていない人。社会人同士なのに仕事をしていない相手は紹介できないから」(29歳/機械・精密機器/技術職)

初対面の人に対して職業を聞くのはよくあることですが、その際にはっきりと答えられないとなると、相手からどう思われるのか不安になりますよね。本人は明確な目的があって今の道を選んでいるとしても、社会的に偏見がある職種や働き方があることも事実です。

■ぎくしゃくした時間が流れるだけ

・「空気を読めない人。友人に紹介しても後で陰口を言われそうだから」(31歳/金融・証券/事務系専門職)
・「人とのコミュニケーションがあまりとれない。人同士はコミュニケーションが必須になるので、それがうまくできないとこちらが恥をかいてしまいそうだから」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

初対面での会話において、もっとも重要になるのがコミュニケーション能力。極端な人見知りや他人との交流を拒否する態度はその場の空気を悪くしてしまいます。紹介される側も気を使うことになり、居心地の悪い時間が流れることになりそうですね。

■まとめ

もっとも、このような特徴がある男性にもいいところは必ずあるものです。ですが第一印象が悪ければその「いいところ」さえも伝わりません。交際が進めば進むほど、誰かに紹介せずにはいられない状況になってきます。このような彼と付き合う身なら、あなたはどのような対策を施しますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数160件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]