お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「えー、どうしよう(モチロン行きます!)」女子がお持ち帰りしてほしい男性の特徴4つ!

ファナティック

女性にとって、男性からお泊まりに誘われることは一大事。その後に起きることは容易に想像できますが、働く女性はどのような男性にお泊まりに誘ってほしいと考えているのでしょう。誘ってほしい男性の特徴を挙げてもらいました。

■ルックス+αの要素がほしい

・「ルックスが良く、変な性癖がないこと。どんなにかっこよくても変な性癖があったら引く」(27歳/その他/専門職)
・「かなりかっこいい男性で高収入の人に誘われたい。高級ホテルに泊めてくれそうでイケメンだったら最高だから」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

見た目はいいに越したことはないけれど、それだけではお泊まりの誘いとしては少し物足りないかも。こちらも安心して誘いに乗るためにはプラスアルファの要素も必要ですね。

■紳士的でスマートな対応

・「あまりガツガツしすぎてない人。下心がまるわかりだとこちらが引いてしまうから」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「計画性があり女子のことを考えてくれる人。泊まるところなどでもたもたしてほしくないから」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

いかにも体目的のような誘い方では、こちらも断りたくなってしまいます。できることならスマートに女性が喜ぶような誘い方をしてもらいたいですよね。速攻でホテルに入るのも、どこに行こうか2人でうろうろさまようのも嫌なものです。

■話がおもしろい男性なら退屈知らず

・「大人っぽくって話がおもしろい人。仕事ができる人や話がおもしろい人とはずっと一緒に過ごしたいなと思えるから」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「話題が尽きなくて、一晩中話をしたり、無言でもその雰囲気を楽しめる人。長い時間共にしても飽きないことが条件だから」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

お泊まりとなると普段のデートよりも長時間一緒に過ごすことになります。加えて場所は密室の中。話がぎこちない人とでは、苦痛な時間を過ごすことにもなりかねません。こちらが興味のある話題を豊富に持っている人なら、楽しい時間を過ごせそうですね。

■自分が好意を持っていることが大前提

・「好きだな、と思える人や気になっている人。好きな人や気になっている人以外とお泊まりはちょっと……と思うから」(33歳/不動産/専門職)
・「既に何回かデートをしている男性。何回かデートをしているということは、付き合っているということだと思うから」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

どんなに条件がよさそうな男性でも、面識があってこちらが好意を持っている相手でなければ誘ってほしくないという意見です。やはりお泊まりは普段のデートよりもずっとハードルが高いもの。何があっても後悔しない男性に限定したいですね。

■まとめ

「この人に誘われたらついて行ってしまいそう」と思うような素敵な男性は世の中にたくさんいます。ですが一時の舞い上がりで後悔することは避けたいですよね。お泊まりに誘われたら、まずは自分の気持ちにしっかりと耳を傾けることが大切です。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数160件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]