お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

やべー、意識する!! 女友達に「女」を感じた瞬間8つ 「胸元など●●が見えたとき」ほか

ファナティック

友達関係が恋愛に発展するケースは意外に多いもの。友達としての付き合いが長い分、相手のことをよく知ってから好きになるため、素のままで付き合えるというメリットもありますよね。では男性はどのような瞬間に、女友達を女性として意識するのでしょうか。社会人の男性に、友情が恋心に変わる瞬間を教えてもらいました。

■チラリズムを目撃したとき

・「普段見えてないところが見えたりして、セクシーに感じたとき」(30歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「胸元など女性っぽい所が見えてしまったとき」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

単純ではありますが、衣服からのチラ見えで女性であることを意識する男性も多いようです。普段はボーイッシュな服装の女性が、急にフェミニンな格好をしてきたら、気にならずにはいられないですよね。

■二人で飲みに行ったとき

・「お酒で酔って甘えてきたとき。さりげないボディタッチをしてきたとき」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「さしで飲みに行って、ちょっと酔った感じでうれしそうにしだしたとき。あ、いけるって思った瞬間」(37歳/機械・精密機器/営業職)

お酒が入ると、普段は隠している本当の気持ちが見えることもあります。そもそも二人で飲みに行くこと自体、嫌いな相手とは無理という女性も多いでしょう。なんとなく相手の好意を感じるからこそ意識するのかもしれませんね。

■本音を聞いたとき

・「弱みを見せられて、頼られているとき。ふとしたときに、守ってあげたいという思いがわきあがってきたらいい」(38歳/情報・IT/技術職)

・「恋愛観を聞いていてその子の感情に触れたとき」(31歳/自動車関連/技術職)

関係が浅い人に対して、弱みや本音を見せる人は少ないでしょう。このような会話ができるということは、お互いに深い話ができると関係性であるという証拠ですね。

■自分の気持ちに気付いたとき

・「その子の魅力に惹かれている自分に気が付いたとき」(39歳/その他/技術職)

・「その人のことを考える時間が多くなると好きなのかなと感じます」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)

どこかの段階で気になっていたけれど、その気持ちに気付かずにいて、何かの瞬間に気付いてしまったというパターンです。気が付けば好きになっていたということでしょう。この場合は気づいた瞬間から、その気持ちを止めることはまず無理だと思った方がいいかもしれませんね。

■まとめ

気になる男性と、友達としての関係をすでに築いてしまったという人も諦める必要はありません。多くの男性が、親密な関係になるにつれて、女性として意識する瞬間がやってくると感じています。長年の友情に変化が訪れるのもそう珍しいことではないのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数女性106件(25歳~35歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]