お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

口が裂けても言えない! 彼が彼女に秘密にしているあんなコトやこんなコト

ファナティック

森誰でも生きていれば、秘密の一つや二つ抱えているもの。ですが、彼女や奥さんに言えない秘密となると、こちらとしても胸中穏やかではいられないですよね。社会人の男性に、パートナーに言えない秘密を持った経験について聞いてみました。

■全額管理されるのはつらいんです

・「年収を少しサバ読みしている」(35歳/建設・土木/技術職)

・「へそくりで自転車を買った」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

パートナーがお金の管理をしている男性に多いパターンです。パートナーの目を盗んでほしいものを買うにはへそくりを貯めるしか方法はなさそうですよね。自分の自由になるお金がお小遣いだけというのは、けっこうきついのかもしれません。

■断り切れないお酒の誘い

・「子どもが生まれる前日、深酒して酔っ払って寝てしまったこと」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「たまに付き合いで女の子のいる飲み会に行くこと」(30歳/学校・教育関連/その他)

男性は特定のパートナーがいても、付き合いでお酒を飲む機会も多いもの。その場に女の子がいないとも限りません。ですが本当のことを言ってしまえば彼女や奥さんが不機嫌になることは確実。増して出産を間近に控えているときなど、真実を言えるはずもありませんよね。

■一人の時間が恋しくて

・「こっそり旅行へ行ったこと。どうしても一人旅がしたかったので、彼女には内緒で行った」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「こっそり大人のビデオを見ている」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

愛する人がそばにいることはとてもうれしい一方で、一人の時間が恋しくなることもあるようです。相手に気を遣うことなく自由な時間を楽しむ時間も、関係を良好に保つためには必要なのかもしれませんね。

■理性で抑えられなかった衝動

・「ちがう人を好きになってしまったこと」(32歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「浮気をした。友だちであったり、ナンパであったり」(38歳/情報・IT/技術職)

こればかりはさすがに許す気になれないという人も多いのでは? 頭ではまずいと分かっていても、衝動を抑えるのはけっこう大変。知らぬが仏という言葉もあるように、一時の過ちだからこそ秘密にしておくという男性もいるかもしれません。

■まとめ

秘密と聞くと、こそこそと隠し事をしているという印象がありますが、これは言ってほしかったと思うことから、知らないほうがよかったと思うこともあります。もしかしたらなんでも包み隠さず話してくれているように思える彼にも、言えない秘密があるかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数107件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]