お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「弱った声で『会いたい』」「キスして」 女子がキュンキュンする彼氏のワガママ5つ!

ファナティック

あまりいい印象を持たない「ワガママ」ですが、相手が好きな人であれば別。自分だけに聞かせてくれるワガママで時々甘えてくれると、胸がキュンとする女性も多いのではないでしょうか。「ウザイ」ではなく、女性が「恋しい」気持ちを強める男性のワガママって、いったいどんなもの? 女性の意見をアンケートで聞きました。

■会いたい!

・「遅い時間に会いたいとワガママを言う。いつもは私を気遣いそんなことを言う人じゃないのに、ちょっと弱い声で会いたいと言われ、珍しかったのでこちらも会いたくなり、タクシーで深夜に会いに行きました」(33歳/小売店/販売職・サービス系)
・「少しでも会いたいから深夜に行きたいと言われたとき。相手が飲み会帰りで酔っ払って電話してきたとき」(27歳/自動車関連/事務系専門職)

非常に目立ったのが、こんな意見です。突然「会いたい!」と言うのは、立派なワガママ。しかしそれも、好きな気持ちが抑えきれないから。そんな思いが女性にも伝わり、恋しい気分を高めてくれるのかもしれませんね。

■帰らないで

・「寂しいから帰らないでって言われたときです。次の日の朝から予定があって帰ろうとしてバイバイしようとしたときに、腕をつかまれて帰らないでと言われてキスされたので、ワガママを聞いてあげたことがあります」(24歳/金融・証券/営業職)
・「一緒にいたいというワガママ。仕事に行くときに引き留められたとき」(24歳/医療・福祉/専門職)

こちらは、一緒に過ごす時間をできるだけ引き延ばそうとする、かわいらしいワガママです。社会人としては、すべてのワガママを聞き入れるのは難しいこと。彼も理解しているはずですが……それでも口に出さずにはいられないところが、なんだかとってもかわいいですね。

■ぎゅっとして

・「疲れたから、ぎゅっとして癒やしてほしいというワガママ。甘えてくれてるのがかわいくてたまらなくなるから」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「ぎゅっとしてと言われた。甘えん坊だなあと思いつつもやってあげた」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

まるで子どものようなワガママに、女性たちの母性本能がキュンキュン反応してしまいそう。いつもだとちょっと……ですが、時々なら「あぁ、頼りにされているのかな?」なんて、うれしく思う方も多いのでは?

■ご飯を

・「『手料理が食べたい』。家に来て手料理ふるまってと言われたら念入りにレシピを探していく」(25歳/農林・水産/その他)
・「相手が風邪で寝込んだときに、ご飯を食べさせてほしいと言われた。普段甘えてこない人なのでうれしかった」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

ご飯に関するワガママを言われると、なんだか急に「家族」が近づいたような気も……! 心を開いてくれている証拠とも言えそうですね。とびきりおいしいご飯で、ワガママな彼をもっとメロメロにしてしまいたいですね。

■○○したい!

・「昼間に『やりたいなー』って言われること。私は気分がのらないから求められることはうれしいので、そういうワガママは聞き入れます」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)
・「駅でのお見送りで『キスして』と言われたこと。デートから直接出張に行くということで、駅までお見送りをした。その際に『キスして』と言われた。恥ずかしかったので少し抵抗したが、いろいろ言いくるめられて軽くキスした。外ですることには賛否両論あるが、自分がすると意外と悪くないなと思った。笑」(26歳/医薬品・化粧品/技術職)

他の人には決して聞かせられないワガママは、人だけの秘密です。甘えた彼の希望を聞き入れれば、きっと盛り上がることでしょう。女性たちをその気にさせる、魔法の言葉なのかもしれません。

■まとめ

ワガママ上手は甘え上手! 自分の気持ちを上手に女性に届けることができるので、受けとる側も、思わず恋しい気持ちを高めてしまうのかもしれませんね。彼のかわいい「ワガママ」で、2人の仲をもっと盛り上げてみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数142件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]