お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

やだ、ひとりにしないで……! 男性の前でだけ見せる「女の顔」4選

ファナティック

「自分でもよくやるよなあ」なんて思いつつ、大好きな彼といるとなぜか自然と「女」になってしまいますよね。そこで働く女性に男性の前でだけ見せる「自分の女の顔」について聞いてみました。

<男性の前だけで見せる「女の顔」>

■甘えん坊でデレデレしてしまう

・「ふにゃってしてると思う。いつもそんな感じではいない。お酒を飲んだら彼氏にしか甘えないし」(24歳/金融・証券/営業職)

・「クールってみんなから言われてるけど、彼の前だとツンデレで、デレデレしています」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「普段は強がりで頼られるけど、男の前では、虫が苦手や料理ができる、まさに『ザ・女の子』を見せます」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

働いているときは背筋をピシッと伸ばして、頼りがいのある強い女性を演じているけれど、「彼といるときは正反対」なのが女性の基本? 彼といるときの、甘えっぷりやふにゃっとした姿だけは、外では見せられません!

■彼の前では、いつもやさしく笑顔がかわいい女の子

・「知ってることでも『そうなんだー! よく知ってるね!』と相手を持ちあげる。女友だちの前だったら、知ってることは知ってると言う」(26歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「お菓子をもらって無邪気(風)に喜んで見せる」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

・「ちょっとイラッとしても、なるべく笑顔で過ごすようにしている」(25歳/食品・飲料/専門職)

「自分のぶっきらぼうなところ」や、「ネガティブなところ」はあまり人に見られたくない部分ですが、この2つはどちらかというと「彼がいないとき」のほうがあらわになりやすい!? 彼の前ではいつでもやさしく、笑顔がかわいい女の子に変身です。

■かまってちゃんになってしまう

・「かまってちゃんになる。犬みたいな感じになって言われるがままになってしまいます」(31歳/情報・IT/営業職)

・「いつも明るくふるまうようにしているが、ひとりだと寂しいと寂しさをアピール」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

「いつかウザがられそう」なのはわかっていても、彼氏を見るとついなってしまうのが、かまってちゃん。好きになればなるほど、こういう自分が前に出てきてしまいますよね。駆け引きテクなんて、一度好きになったらもうできなくなってしまいます。

■いい女に変身してしまう

・「普段は料理なんてできない風を装っているが、実はなんでも作れるのでけっこうギャップがあってびっくりされる」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「穏やかな聞き上手になる」(33歳/不動産/専門職)

彼にもっと好きになってほしくて、料理の腕を磨いたり、聞き上手になったりと、自然と「いい女」に変身していくのが女性ですよね。「どう変身していくのか」もきちんと見てほしいものです。

<まとめ>

かわいい子だと思ってほしくて、つい好きな人の前でやってしまう「女の顔」。別人みたいだけれど、これも立派な自分の一面。うそはついていないので「よし」としてほしいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月7日~2016年6月12日
調査人数:149人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]