お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 人間関係

うわー、ドン引き! 結婚式で目撃した他人のNGマナー8

ファナティック

社会人ともなると、友人や同僚、親戚の結婚式に呼ばれる機会もぐんと増えてきます。結婚式はお祝いムードも相まって、それほどマナーには厳しくない一面もありますが、それでもあからさまなマナー違反は他人の気分を害してしまうことも。結婚式で目撃した他人のNGマナーについて、社会人の男性に聞いてみました。

■盛り上げるのと騒ぐのは違います

・「盛り上げる以前に騒ぎすぎる。ほかの招待客に、迷惑をかける」(30歳/その他/その他)

・「新郎の会社が体育会系だったらしく、一升の焼酎を回し飲みしながら一気飲みして飲み干す。みたいなのがあって、すごい下品に感じました」(31歳/建設・土木/営業職)

結婚式を盛り上げようするのは悪いことではありませんが、悪ノリして騒ぐのは考え物です。特に余興は仲間内でやる飲み会の余興とはまったくの別物。相手方の職場の方や親戚も来ていることを考えて、節度のある楽しみ方を心がけたいですね。

■自分のための結婚式ではありません

・「披露宴でのナンパ。新郎新婦、親族の方々もドン引きするほどひどいものだった」(28歳/電力・ガス・石油/販売職・サービス系)

・「新郎新婦より目立とうとする年配の人がいた」(31歳/その他/その他)

結婚式はあくまでも新郎新婦の結婚をお祝いする場。自分が幸せを手に入れる場所ではありません。そこで出会った人と自然と仲良くなるならまだしも、ナンパに精を出すなど身勝手な行動は控えてほしいですね。

■ご祝儀のもとを取ろうとしてはいけません

・「お酒をとにかくたくさん飲んでいる人がいた」(27歳/その他/販売職・サービス系)

・「料理をタッパーに詰めて、持ち帰ろうとしてる人」(31歳/運輸・倉庫/営業職)

確かにご祝儀は安くありません。ですがそれはあくまでもお二人の門出に向けた餞別です。お酒や料理でもとを取ろうとして下品な飲み方や食べ方になるのは避けたいところですね。料理は基本的に、披露宴の時間内で食べるのが望ましいでしょう。

■お祝いだからってなんでも許されるわけではありません

・「子供が走り回っているのを止めない親」(25歳/情報・IT/営業職)

・「結婚式で、高砂の新婦に絡み長く居座る。新郎のグラスに何杯も酒を注ぎ、どかない。みんなでお祝いする席なので独占はないと思う」(31歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

結婚式では「このくらい、お祝いだからいいでしょ」と、自分の気持ちもゆるくなってしまうことがあります。ですがそこは多数の人が集まる公共性の高い場所。周囲の人の迷惑にならないよう、気づかいを忘れないようにしたいですね。

結婚式のようにさまざまな立場の人が一堂に会する場では、一人の身勝手な行動が、多くの人に不快感を与えてしまうこともあります。普段のノリのまま盛り上がってしまうと、周囲から白い目で見られてしまうかもしれません。結婚式はあくまで品よく新郎新婦の顔を立てることを忘れずに楽しみたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年5月にWebアンケート。有効回答数206件。25歳~34歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]