お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

男子が「いまは彼女とか、いらない」と思うのは、どんな時期?

ファナティック

作業中草食男子が増えている今! 女子側が積極的に「恋活」をして、相手の心をつかむ必要性も高まっています。とはいえ、恋を成就させるためにはタイミングが命! 相手の気持ちが前向きでなければ、どれだけアプローチしても無駄になってしまうことも……。どんなときに男性は、恋を遠ざけたいと思ってしまうの? 男性のみなさんに、「今は彼女なんかいらない」と思う期間について教えてもらいました。

■仕事で必死!

・「今、彼女なんかいらないと思っている。仕事が忙しく、彼女を作っても思うように一緒の時間を作れなさそうだから」(34歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「仕事が忙しくて、家に帰ったら寝るだけという生活をしていたときは、自分の時間すら持てなかったので、彼女なんか必要ないと思っていました」(36歳/情報・IT/技術職)

・「就職して社会人1、2年目。ワーカホリック気味だったので、ちょうどよかった」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

20代から30代にかけては、仕事で成長を期待される時期でもあります。この時期をどう過ごすのかは、非常に重要! 忙しい毎日に必死だと、恋にまで目が向かないというのが本音なのかもしれません。

■趣味に夢中!

・「女性と付き合うよりも、趣味に時間を割きたいと思ったとき」(27歳/情報・IT/技術職)

・「テニスにハマっていたとき」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

仕事と同じく、恋愛以外のことに夢中になっている状態です。ただこちらの場合には、「同じ趣味を楽しめる存在」としてアピールすれば、状況は改善するのかもしれませんね。

■経済的な余裕ゼロ

・「今がそうで、経済的に苦しいから」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「お金がないとき。楽しめないので、思ったことはある」(33歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

異性とのお付き合いには、なにかとお金もかかるものです。特に、将来を真剣に考えたお付き合いを望む場合、金銭面で恋を躊躇する男性も少なくないよう。

■切り替え時期

・「振られたときはしんどくて。もういらないと思った」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「すごく好きだった彼女に振られたときはそう思いました。1カ月くらいでしょうか」(36歳/学校・教育関連/専門職)

気になる相手が恋人と別れたら、女子にとってはチャンスのとき! しかし男性的には、まだ気持ちがうまく切り替わっていないことも多いようです。相手の気持ちを無視するのではなく、友だちとして、徐々に近づくのが賢明です。

■フリーダム!

・「毎日好きなことをして、誰にも気兼ねなく遊び倒して過ごしている今日この頃! 彼女がいたら、自由がなくなると思ってしまうから」(37歳/機械・精密機器/営業職)

・「彼女がいないほうが、いろんな人をつまみ食いできますので、楽です」(36歳/学校・教育関連/その他)

特定の相手がいれば、行動を制限されることも多いもの。自由を謳歌したい男性にとっては、耐えられないのかもしれませんね。こんな相手とお付き合いをしても、幸せは遠のくばかりですから、女子のほうからそっと距離を置いたほうがよさそうです。

■まとめ

「彼女なんかいらない!」と思う男性の奥には、さまざまな事情が潜んでいるようですね。もしも意中の彼に、恋を遠ざけるような雰囲気があったら、その「理由」にまで目を向けるのがオススメ。自分がどう行動するべきか、自然とわかるのではないでしょうか。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数100件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]