お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

「好きなオンナほど、手をだせない」ってホント? 男子に本音を聞いてみた

ファナティック

興味のない異性にはグイグイ話しかけられるのに、本命の異性となると、自分からアプローチできない……という経験をしたことはありませんか? 今回は男性のみなさんに、恋愛にまつわる本音を聞いてみました。

Q.「好きな女性ほど、なかなか手を出せない」という男性の心理に共感できますか?

共感できる……58.8%
共感できない……41.2%

約6割の男性が、「好きな女性ほど、手をだせない」という男性の心理に「共感できる」と回答。それぞれの回答の理由を教えてもらいました。

<共感できる!>

■振られたくない!

・「振られたときのショックを考えると、なかなか前に進みにくいのだと思う」(25歳/学校・教育関連/専門職)

・「まず、嫌われたくないという思いが先に来るので奥手になってしまう。嫌われるくらいなら、我慢してしまう気持ちはよく分かります」(36歳/学校・教育関連/専門職)

好きな人に接近して反応に傷ついたときは、後悔が尽きませんよね。それはもう眠れないほど。それほどのショックを受ける覚悟も、女性に受け入れられる自信もカンタンには出てきません。

■関係を壊したくない

・「それまでの関係が破綻することを恐れてしまう」(37歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

・「失敗して、関係が壊れてしまうのが怖くなる」(38歳/情報・IT/技術職)

気になる異性がいても、告白せずに過ごせば今まで通りの関係でいられます。こうした男性の場合、告白がハイリスク・ハイリターンになってしまうのでしょうね。

<共感できない!>

■先を越されたくない!

・「片思いの人に思いを伝えなければ、誰かに奪われます」(38歳/学校・教育関連/専門職)

・「好きなタイプなら、人にとられないうちにアプローチしたい」(35歳/建設・土木/技術職)

好みの女性を見つけても、放っておけば誰かにとられてしまうかもしれません。それほどステキな女性なら、早めにアプローチしたほうが悔しがらずにすむかも。

■行動第一!

・「好きなら、行動するべきです」(23歳/その他/その他)

・「自分から、ガンガンいきたいから」(33歳/学校・教育関連/専門職)

好きな女性に否定されるのは怖いですが、肯定されたときの喜びは天に昇るような気持ちでしょう。そちらをとると幸せでいられそうですね。

■まとめ

何かを見た、予測したときの反応は人それぞれです。好きな人を見て好かれる想像ができる人は幸福に敏感でしょうし、慎重になってしまう人は自分の心が傷つく危険に敏感なのかもしれません。さて、みなさんはどちらのタイプの男性に共感できますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数102件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]