お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

会社に何しに来てんの!? 男性がドン引きした女性のオフィススタイル8つ

ファナティック

どんな仕事にもその業務にふさわしい服装というものがあります。働いていれば自分の服装が業務にふさわしいか判断できそうなものですが、中には変わった感性で周囲を驚かせてしまう人もいるようです。職場で驚いた女性の服装を、社会人の男性に聞いてみました。

■何をしに来ているの?

・「結婚式に行くような格好をしている」(28歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「え? これからキャバクラにでも行くの?という格好で来た人はいる」(32歳/その他/事務系専門職)

仕事に行くだけなのに気合い入り過ぎじゃない?と言いたくなるような派手な格好はまさに「場違い」。女性の魅力はアピールできるかもしれませんが、何のために会社に出勤したのかわかりません。

■そのまま遊びに行けそう

・「ミニスカートとニーハイソックス。オフじゃないんだから……」(31歳/小売店/技術職)

・「ショートパンツに生足。問題はないがTPOをわきまえてほしい」(32歳/その他/クリエイティブ職)

カジュアルとオフィスカジュアルの境界線が分かっていないパターンです。私服OKの会社でも、どこまでもカジュアルにしていいというわけではありません。あくまでも仕事モードの私服であることを心得ておきたいですね。

■動きやすいのはわかるけど

・「以前の訪問介護事業所で勤務していた際、新人は何を勘違いしていたのか、動きやすい格好と伝えていたにも関わらず、ジーパンをはいて高齢者宅に訪問していた」(31歳/学校・教育関連/専門職)

・「全身ジャージで来て、スポーティーな感じをアピールしていた」(29歳/印刷・紙パルプ/技術職)

IT関連の技術者やスポーツジムのインストラクターなら何も言われないような服装も、業務内容によっては不適切だと思われてしまうこともあります。下手に冒険せず、自分の職種に適した服装を着るのがベターですね。

■強すぎる個性に驚愕

・「基本黒髪のところ、多少の茶髪はともかく、ヘビメタみたいな緑髪で来たとき」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ゴシックロリータの格好でやってきた強者がいた」(30歳/医療・福祉/クリエイティブ職)

いつでも自分のこだわりを持っていたいのはわかりますが、仕事の場では強すぎる個性は押さえる必要があります。好きなファッションは休みの日に思いきり楽しんでほしいですよね。

■まとめ

あまりに似つかわしくない服装で仕事をしていると、違和感があるだけではなく「このような感覚の人に本当に仕事を任せられるだろうか」と思われてしまうこともあります。服装は仕事の信頼にも大きく影響するもの。清潔感のあるビジネスにふさわしい服装を心がけたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年5月にWebアンケート。有効回答数203件。25歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]