お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

「残念顔のやさしい女性」と「美人の性格がきつい女性」、男性が結婚相手に選ぶのは?

ファナティック

性格はいいけれど顔が好みではない女性と、美人だけれど性格がきつい女性。男性が結婚相手として選ぶのは、どちらの女性なのでしょうか。顔の好みもいろいろですが、一般的に見て「残念だな」と思われる女性と誰が見ても「美人」な女性。性格か顔か、男性が重要視するのはどちらなのか調べてみました。

Q.「残念顔のやさしい女性」と「美人の性格がきつい女性」、結婚するならどっち?

「残念顔のやさしい女性」……69.2%
「美人の性格がきつい女性」……30.8%

7割近くの男性が、残念顔でも性格のやさしい女性を選ぶと回答しているようです。では、それぞれの理由を見ていきましょう。

<「残念顔のやさしい女性」を選んだ男性の意見>

■穏やかに暮らせそう

・「やさしい性格のほうがお互いに暮らしていく上でうまくやっていけると思う」(24歳/その他/販売職・サービス系)

・「ずっと一緒にいるのに性格悪いのはきつい」(31歳/その他/その他)

・「きつい人とずっと一緒だと息が詰まりそうだから」(25歳/運輸・倉庫/その他)

結婚してからずっと一緒に生活することを考えると、やさしい女性のほうが穏やかで癒しを感じられる家庭が築けそう。顔を合わせるたびにイラッとするような女性と暮らしていくよりは、やさしくて顔を見るだけで安心できる女性と結婚したいと思うようですね。

■性格重視

・「はじめは顔から入るかもしれないが、最終的には人間性が大事だと思うので」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「顔は化粧などでカバーできるが、性格は直しようがないので、元からやさしい性格のほうがいい」(27歳/建設・土木/技術職)

・「やさしさはなににも代えがたい魅力だから」(33歳/学校・教育関連/その他)

結婚相手を選ぶのに大事なのは性格や自分との価値観の一致。最初はキレイな女性に惹かれたとしても最終的には、その女性の人間性を見て結婚相手を選ぶという人にとっては、残念顔であってもやさしいほうがポイントが高いようです。見た目はいくらでもごまかせるけれど、性格を取り繕うのは難しいですものね。

では、美人で性格がきつい女性を選ぶという男性にも理由を聞いてみましょう。

<「美人で性格がきつい女性」を選んだ男性の意見>

■正論なら許せる

・「自分が優柔不断なところがあるので、バッサリされたほうがラクかもしれない」(34歳/機械・精密機器/技術職)

・「やさしさよりはときに厳しめも必要だから」(24歳/商社・卸/営業職)

・「性格がきつくても、正しいことを言う人だったら、大丈夫だから」(30歳/人材派遣・人材紹介/販売職・サービス系)

性格がきつい女性に自分自身の優柔不断さをバッサリと否定してほしい、やさしさだけでなく厳しさも持っている相手のほうが自分も成長できる。確かに、きつさは感じるけれどそれをマイナスに受けとめるだけでなく、自分のためになると思うことで相手の性格のきつさもプラス面に感じられそうですね。

<まとめ>

顔よりも性格重視。結婚相手には見た目ではなく、内面的な魅力を求めるという男性は少なくないようですね。美人で性格がきつい女性を選ぶという男性も自分のだらしなさや弱さを否定してもらうことで、自分を変えられるという期待を持っていそうです。結婚という人生の中でも重要な決断のときは、どんな男性であっても、見た目のよさだけに惑わされているのではないということでしょうね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月17日~6月23日
調査人数:402人(22歳~39歳の未婚男性)

お役立ち情報[PR]