お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

賛否両論! カラダを洗うスポンジを彼氏と共有できる? ●●%の女子「抵抗ナシ」

ファナティック

ブラシ彼氏と同棲すると、さまざまな日用品を共有することになりますよね。自分の家から持ち込んだものにしても、彼氏と共有できるものとできないものがあることでしょう。その境界線とは? そこで今回は、女性のみなさんにこんな質問をしてみました。

Q.「お風呂でカラダを洗うスポンジやタオル」を彼氏と共有することに抵抗はありますか?

抵抗アリ……37.8%
抵抗ナシ……62.2%

約6割の女性が、『お風呂でカラダを洗うスポンジやタオル』を彼氏と共有することに抵抗ナシ」と回答しました。それぞれの回答の理由を見ていきましょう。

<抵抗アリ!>

■汚いところも洗う

・「家族でも共有しない。陰部を洗ったりするので」(34歳/その他/医療・福祉)

・「お尻とか洗ってるかもしれないから」(27歳/電機/事務系専門職)

お風呂用品を使えば、全身のすみずみまで清潔にすることができます。ですが極限まで使用したものを想像しながら共有するのは、いくらなんでもつらいかも。

■他人の男性とはNG

・「他人とはイヤ」(25歳/生保・損保/営業職)

・「同性なら気にならないけど、異性は気になる」(24歳/生保・損保/事務系専門職)

彼氏とはいえ、結婚前なら、いわば他人です。生物学的にも異性で、温泉も混浴でなければ別々。というわけで、お風呂用品は共有したくないようですね。隔てる壁は高いです。

<抵抗ナシ!>

■洗えば◎

・「間接的なものなので、あとでよく洗えばいい」(28歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「石けんをつけて洗うので」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

お風呂に入るときはまずカラダを流しますので、その時点である程度汚れは落ちていそうですよね。さらにボディソープなどで泡立てれば、不潔という感じは薄れそう。

■使用頻度が低い

・「スポンジはホテルにも1つしか置いていないので、共有してもいいものなのかなと思うから」(31歳/情報・IT/技術職)

・「タオルやスポンジは、そんなに使わないので」(32歳/学校・教育関連/技術職)

お好みですが、お風呂用品であまりカラダをこすると肌によくない気はしますね。日常の汚れであれば、それほどよくこすらなくても落ちそうです。自分が使わなければ、共有といっても相手が主に使うようになりますね。

■まとめ

石けんやお湯を使うためか、「お風呂でカラダを洗うスポンジやタオル」を彼氏と使ってもいいという女性は多め。一方で、異性に感じる抵抗があり共有はできないという女性も。衛生面が心配であれば、複数個持っていたほうが安心ではありますね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数111件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]