お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

返信しずらいわ! 彼氏が「既読無視しよう……」と思った彼女からのLINE4パターン!

ファナティック

手軽にメッセージをやりとりできるLINEは、相手の「既読」サインがわかるようになっています。確かに便利……である一方で、「あれ!? 既読になっているのに返信が来ない!」なんて経験はありませんか? いわゆるLINEの既読無視問題ですが、恋人からされるとショックも大きいもの。男性のみなさんに、恋人への既読無視経験があるかどうか、聞いてみました。

Q.彼女からのLINEを既読無視したことはありますか?

「ある」……35.4%
「ない」……64.6%

「ある」と回答した35.4%の男性に、どんなときになぜ既読無視したのか、具体的なエピソードを教えてもらいましょう。

■気まずい瞬間

・「ケンカしてイライラして話したくないとき」(36歳/情報・IT/技術職)
・「ケンカしていて話が水掛け論になっていた場合」(31歳/医療・福祉/専門職)

ケンカ中の返信がなんとなく気まずい気持ち、よくわかります。既読無視すれば、「怒っている」アピールにもなるでしょう。とはいえ、ケンカ中でも彼女が勇気を出してLINEしたのですから、せめて一言でも返信してほしいところです。

■眠い!

・「疲れていて眠たかったので既読無視した」(35歳/食品・飲料/その他)
・「めんどくさかったり、既読したまま寝てしまった」(33歳/その他/販売職・サービス系)

疲れているときには、彼女への返信が面倒に思えてしまうこともあるよう。時間と曜日から相手の体調を察して、「既読無視OK」のメッセージを送ることで、彼女としての株も上がるのではないでしょうか。

■悪気はなくても……?

・「多忙時だったため、返信できなかった」(26歳/その他/技術職)
・「読んだことを忘れる。すぐに忘れるから、既読になっても、返信しないのは日常茶飯事。重要な要件は電話しろと言っている」(35歳/金融・証券/専門職)

忙しい毎日を過ごしていれば、こんなこともありますよね。あまり目くじらを立てると、彼のほうが追い詰められてしまうケースも……。「なんで返信してくれないの!?」と責めるより、「心配したけど、何もなくて良かった」と伝えたほうが効果的です。

■うんざり

・「大量のスタンプだけ送られて来たので既読をつけて無視しておいた」(24歳/商社・卸/営業職)
・「急に用事を頼まれたとき、忙しいときに迎えに来てなど」(33歳/その他/経営・コンサルタント系)
・「何度も同じことを聞いてくどいとき」(35歳/学校・教育関連/クリエイティブ職)

ごく少数ですが、彼女からのLINEにうんざりしているような男性の意見も。悪気はなくても、2人のすれちがいを防ぐため、彼の気配を敏感に察したほうがよさそうですね。

■まとめ

社会人として忙しい日々を送る中で、ある程度仕方がない既読無視を挙げる意見が目立つ一方で、恋人とのすれちがいが気になる意見もありました。既読無視をされた側の心は、なんとなくザワザワしてしまうもの。少し時間をおいた後に、なぜ既読無視をしたのか、冷静に聞いてみるのもアリかもしれませんね。もし自分の行動に何か問題があるのなら、早めに改善することで、関係悪化を防げそうですよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数192件(22~38歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]