お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

【男女のちがい】失礼極まりないわ! 恋人の友だちに紹介されて、不愉快になったこと4つ!

ファナティック

仲のいい女友だちに、彼氏を紹介したことがある人も多いと思いますが、自分にとっては大切な友だちでも、彼にとってはあくまでも関係のない人。どのように感じるか不安に思うこともありますよね。恋人の友だちに紹介されて不愉快になった経験を、男女別に聞いてみました。

Q.今までに、恋人の友だちに紹介されて、不愉快になったことはありますか?

【女性】
ある……21.2%
ない……78.8%

【男性】
ある……22.2%
ない……77.8%

男女とも、2割程度の人が恋人の友だちに紹介されたとき、不愉快になった経験があると回答しました。なぜ不愉快になってしまったのか、エピソードと併せて聞いてみました。

【女性】

■自分の彼女に誇りはないの?

・「相手はそんなことないんでしょうが、ばかにされたような気がする紹介の仕方だった」(33歳/建設・土木/その他)
・「紹介のされ方が適当だったから不愉快に感じた」(28歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

誰もが長友選手のように、付き合っている彼女に誇りを持って紹介してくれるわけではないようです。友だちの前で気恥ずかしいのかもしれませんが、自分が大切にしている女性であることが伝わるように紹介してほしいですね。

■ただでさえも知らない人

・「次々と質問されたり、アウェーな気分になってしまった。見せ物じゃないのに……」(33歳/小売店/その他)
・「紹介されても友だち同士の会話で盛り上がり放置」(35歳/学校・教育関連/その他)

正直なところ、彼の友人なんてどうでもいいという人もいるのでは? 自分にとっては知らない人なのに、内輪ネタで盛り上がられても話には入れず楽しむことはできませんよね。それなら紹介だけしてもらってさっさと帰った方がマシかもしれません。

【男性】

■自分のいないところで何言ってるの?

・「自分のことを聞いて知っているせいか、初対面なのになれなれしくされた」(35歳/建設・土木/技術職)
・「あまりいい印象を持たれていなかったらしく、会話が不自然だったから」(34歳/その他/販売職・サービス系)

女同士の会話に恋愛ネタは欠かせませんが、自分の彼のことを話すときは注意が必要です。付き合っている彼女だけに見せている素顔を友人に暴露するのは避けた方がよさそうですね。いざ紹介するとなったときに、友人の反応に彼が不快な思いをすることもあるようです。

■女同士の戦いにうんざり

・「相手がかなり高飛車で上から目線で相手を見るタイプであり、自分の彼氏より年収の低い私をさげすんだ目で見ていた」(33歳/学校・教育関連/その他)
・「友だちからは確実に誠実さを欠く、ぶしつけな態度で接されたため。いきなり格下認定されていたと思われる」(33歳/生保・損保/その他)

誰もがみんな「素敵な彼だね」と言ってくれるわけではありません。友だちの彼氏を紹介されるとなると、自分の彼氏と比較して自分の方が幸せであることをアピールしたがる女性もいます。結果的には見下されたような態度に彼が腹を立てることにもなりかねません。

■まとめ

男女とも、自尊心を傷つけられたり、自分と一緒にいるときとは明らかにちがう顔を見たりすると、せっかくの友だちへの紹介も不愉快に感じてしまう人が多いようです。新しい人間関係を築くときにはリスクもともないます。恋人を紹介する際は慎重に、相手を尊重することを忘れないことが大切ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数女性193件男性180件(25歳~38歳の働く男女)

お役立ち情報[PR]