お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

20・30代男性の結婚観! 次に付き合う女性とは、結婚を前提に付き合う? まだ遊びたい?

ファナティック

結婚働く独身男性のみなさんは、将来の結婚プランについてどのように考えているのでしょうか。今回は男性のみなさんに、結婚観にまつわるこんな質問をしてみました。

Q. 22歳~39の男性への質問。いま、新しく女性と付き合うとしたら、結婚を意識して付き合いますか?

結婚を意識する……65.4%
結婚は意識しない……34.6%

今回のアンケートでは6割以上の男性が「結婚を意識する」と回答しました。20~30代の年齢では男女問わず「結婚を意識しやすい」のかもしれませんね。では、どんなときにそれを意識しやすいのか、はたまた意識しないのはなぜなのか、理由を聞いてみましょう。

■子育てのことを考えると、焦る?

・「もう次はなさそうな年齢になってきたので」(28歳/その他/技術職)

・「結婚しないで独身で遊んでいる余裕がないので」(32歳/金融・証券/営業職)

・「37歳くらいになると、子どもが大きくなったときのことを考えると、結婚して子どもがほしい」(37歳/その他/その他)

結婚適齢期は女性だけでなく、男性にも当てはまる!? 子育てにかかる費用と、自分がお金を稼げる年齢を考えると、男性とはいえのんびりかまえていられないよう。なるべくなら早めに結婚し、稼げる内に稼ぎ、余生は夫婦二人のんびり過ごしたいものですよね。

■支えてくれる人がほしい

・「誰かに支えてほしいから」(38歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

・「何十年先が寂しいから」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「意識したほうが、真剣に付き合えてうれしいからです」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

また独身は自由気ままな生活を送れますが、それが満喫できるのは若い内だけ。年を取ったときのことを考えれば、身近にサポートしてくれる人がいないと何かと不安ですよね。また結婚を意識することで、恋愛そのものがより楽しくなる、という意見もありました。

■「結婚」はこの年齢でも、正直、重い

・「一生一緒にいられるか自信がない」(36歳/金融・証券/営業職)

・「意識すると重くなりそう」(34歳/その他/販売職・サービス系)

ただし結婚適齢期と言われる年代でも、やはり「正直、結婚は重い」と感じる男性もいるよう。建設的な生き方が「生涯にわたって楽に生きられる方法」とは限らないもの。たとえ不便でも、独身スタイルが自分に一番合っているという人もいます。

■理想の女性に出会えるまで、また結婚は意識できない

・「もう少しいろいろな女性と遊んでみたいから」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「まずはいろいろ試してみるから(笑)」(38歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

自分にとって本当に大切な人、運命の人を探し当てるまでは、まだまだ結婚できないという男性も。ただしこれは「結婚できない人のよくあるパターン」に陥りがちなため、男性といえども注意したほうがよさそう!?

■まとめ

女性と同じく、男性もやはり適齢期になると「自然に結婚を意識する」ようになるとか。女性が「そろそろ結婚したい!」と考えるようになったときは、彼氏も結婚のことを現実的に考えはじめる時期なのかもしれませんね。あとはじっと待っていれば、いいことがあるかも!?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数104件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]