お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ごめん、勝っちゃってる! 友だちより「私のほうがモテる」と思った瞬間4つ

ファナティック

モテとは、時に相対的なもの。人はときどき、誰かと比べて初めて「自分はモテるほうだった」と気づきます。しかし、身近な人と比べて、圧倒的に自分がモテてしまったということはありませんか? 友だちより私のほうがモテる! と思った瞬間について、働く女性のみなさんに聞きました。

■合コンの後、自分にだけ連絡が!

・「合コン後、自分にだけデートの誘いが来ると知ったとき」(31歳/金融・証券/専門職)

・「合コン後、私だけに数人から連絡が来た」(24歳/生保・損保/事務系専門職)

・「合コン後に自分にだけお礼メールが来たとき」(25歳/医療・福祉/専門職)

同じ条件で参加者が集められる合コン。友だちが盛り上がらずこんなものかと思って解散した後、自分だけうまくいくことがありますよね。友だちには悪いですが、つい「勝ったな」と思ってしまいそうです。

■婚活パーティで勝利!

・「婚活パーティで私のほうがたくさんいっぱいメッセージカードをもらっていたとき」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

・「一緒に婚活パーティなどに行って順位がちがうとき」(28歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

目に見えてわかるほど、友だちとものすごく差があったという意見も。不安になったり焦ったりする婚活パーティですが、友だちよりは印象がよかったと思うとほっとしそうです。

■彼氏が途切れない!

・「彼氏が途切れたことがなく、しかもイケメンの彼氏ばかりできる」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「彼氏いない歴=年齢の友だちが多い中、男が途切れたことがない」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「特定の彼氏がいない時期でも、ご飯に行ったりする男性は定期的にいる」(26歳/医薬品・化粧品/技術職)

モテの明暗を分けるのはやはり、彼氏がいるかいないかですよね。付き合った人数は多いほうではなくても、友だちの彼氏がずっといないようなら、それよりはマシだと思ってしまいそうです。

■友だちがかわいそう

・「友だちが老けた」(28歳/その他/その他)

・「友だちの休日の予定が女の子との予定ばかり」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「ご飯に誘われただけで、相手に好意があると思い自慢してくる」(24歳/医療・福祉/その他)

自分がモテるというより、友だちがモテていなさそうなケースです。多少はやきもちもあるかもしれませんが、友だちが残念だとちょっとだけ優越感を持ってしまいそう。

■まとめ

見ていると、本当に友だちなのだろうかと思うような意見もありました。張り合って満足するのではなく、お互いに自分を磨き合うような、すてきな女性になりたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年6月にWebアンケート。有効回答数137件。22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]