お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

「30代の美人」VS「20代の残念顔」、約9割の男性が結婚相手に選んだのは?

ファナティック

男性が結婚相手を選ぶ上で、重視しがちな条件のひとつに「年齢」がありますよね。婚活女性からは、「20代後半まではあんなにも売り手市場だったのに……」なんて意見もよく聞きます。とはいえ、年齢が最重要ポイントではないはず! そこで今回は、社会人男性のみなさんにこんな質問をぶつけてみました。

Q.「30代の美人」と「20代の残念顔」、結婚するならどちらを選ぶ?

「30代の美人」……90.5%
「20代の残念顔」……9.5%

9割以上と、圧倒的な支持を集めたのが「30代の美人」でした。早速それぞれを選んだポイントについても教えていただきましょう。

<「30代の美人」を選んだ男性の意見>

■外見は大事!

・「若いことより好きな顔立ちを選ぶ」(37歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

・「残念顔の人を好きにならないと思うから」(26歳/情報・IT/技術職)

結婚相手としてずっと一緒に過ごす相手だからこそ! 年齢よりも外見が重要、という男性意見が目立ちました。また30代でも、美人であれば外見に気を配っているはず。さほど年齢も気にならないのかもしれませんね。

■美人の遺伝子がほしい

・「自分に似ない子どもが将来ほしいから」(29歳/その他/その他)

・「自分が残念顔なので、子どもにはいい顔の遺伝子を残したい」(39歳/情報・IT/技術職)

子どもがほしい男性にとっては、美人が持つ「遺伝子」も魅力のひとつなのでしょう。美人の奥さんとカワイイ子どもたちに囲まれた生活は、夢の結婚生活なのかも……!?

■30代ならではの魅力

・「自身が30代になってわかる、30代の女性の輝き」(38歳/商社・卸/営業職)

・「年を取っている分、落ち着いていて大人な対応ができそうだから」(37歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

こちらは、30代女性ならではの女性の落ち着きを評価する意見です。20代までは、どこかキャピキャピした印象もあるもの。同じく30代以上のオトナの男性にとっては、少々うるさく感じてしまうのかもしれませんね。

では次に、少数派男性たちの意見とは?

<「20代の残念顔」を選んだ男性の意見>

■とにかく「若さ」を

・「若いほうがいい」(39歳/建設・土木/技術職)

・「同い年くらいの人がいいし、年上は少し付き合いにくいから」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

たとえ残念顔であっても、「若さ」はただそれだけで価値のあるものなのでしょう。顔の問題は、きっとメイクでなんとかなるはず。反対に年齢だけは……残念ながらどうにもなりません。

■内面重視

・「性格がよさそう」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「美人なのに30過ぎってことは、性格に難ありの可能性がある」(36歳/機械・精密機器/技術職)

こんな意見もありました。美人の30代はプライドが高そう……なんて、敬遠する男性もチラホラ。ちやほやされる機会が少ないと思われる「残念顔の20代」なら、すれていない恋愛を楽しめるのかもしれません。

<まとめ>

30代の美人女性にとっては朗報(?)と言える結果になりました。年齢を重ねたからこそ表現できる美しさを追求していけば、結婚相手選びでも困ることはないかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月8日~6月9日
調査人数:401人(22歳~39歳の未婚男性)

お役立ち情報[PR]