お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男子の本音! 彼女との記念日や誕生日祝いは必要? 「いらない……52%」

ファナティック

旅館出会った記念日、初デート記念日、交際スタート記念日……カップルの間には、たくさんの記念日があると思います。また、記念日を大切にするカップルもいれば、特にそういう日を特別視することのないカップルもいることでしょう。そこで今回は働く男性たちに記念日にまつわるこんな質問をしてみました。

Q.カップルの記念日にお祝いをしたり、プレゼントをあげる習慣は必要だと思いますか?

「必要である」……47.8%
「必要ではない」……52.2%

「必要ではない」と答えた男性がやや優勢ですね! みなさん、面倒なのでしょうか……。では、それぞれの回答を選んだ理由を教えてもらいましょう。

<「必要である」派の意見>

■メリハリが生まれる

・「記念日とかはあったほうがメリハリもあって、一つ喜びも増えて人生として得していると思うから」(33歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「そういうのがあったほうが刺激があって楽しいのでは。ただし年に数回でいい」(38歳/自動車関連/事務系専門職)

・「どうしてもマンネリ化しやすいと思うので、時々は非日常的なイベントがあったほうがいいと思う」(32歳/学校・教育関連/専門職)

誕生日だけじゃなく、定期的にいろいろな記念日があると、確かにメリハリが生まれますよね。「何日は記念日だから、気合を入れたゴハンを作ろうかな」と思ったり、「プレゼント、何が欲しいか探ってみないと!」と考えたり、相手のことを意識する機会が増えます。

■大事にしよう、と襟を正す機会

・「記念日を大事にするのは相手を大事にするのにつながるから」(32歳/金融・証券/営業職)

・「相手を大事に思っているという表しになる。記念日にやらないといつでもプレゼントをしなければならなくなり、コストアップになる」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

記念日二人でお祝いすることで、「この人を大事にしよう」とあらためて思うことができる、これは大切なことです。相手のことを意識しない日々が続くと、いつしかそういう思いを忘れてしまいがちですからね。

では次に、過半数の男性が選んだ「必要ではない」派の意見を見てみましょう。

<「必要ではい」派の意見>

■お金が掛かる……

・「たまにはいいけど、習慣的だとお金がかかるから」(31歳/自動車関連/その他)

・「記念日なんて、いちいち祝っていたらキリがないし、プレゼント代だってバカにならないと思うから」(36歳/情報・IT/技術職)

・「金が持ちません。年1でいいわ」(36歳/学校・教育関連/その他)

記念日ごとに高級レストランへ行ったり、高価なプレゼントを用意したりしたら、確かに出費は大変なことになりますね……。でも、金額は工夫次第で抑えることも可能です。

■面倒くさい……

・「徐々に面倒に感じてくるから」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「あげるのももらうのも面倒ですね」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「面倒くさいから」(38歳/情報・IT/クリエイティブ職)

やっぱり、「面倒くさい」という意見が多く見られました。まめな人ならばこういうことも面倒がらないでしょうが、世間では「まめな男性」のほうが少ないのかもしれませんね。

■まとめ

記念日を大切にすることで、生まれるメリットデメリットはありますが、多くのデメリットは、意識を変えたり、工夫したりすることで解消することは可能です。「記念日を大切にしたいけど、彼があんまり乗り気じゃなくて……」という人は、お祝いの仕方を考え直してみるといいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数111件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]