お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

謝らせるよう仕向ける!? 彼氏の御機嫌を損ねないスムーズな修復法・4選

ファナティック

彼とケンカをしたとき、絶対に自分から謝りたくない! という人もいれば、すぐに自分から謝って仲直りする人もいますよね。2人の関係性によって、どんな仲直り方法が良いのかは変わってくるものです。みなさんには彼との鉄板の仲直り方法はありますか? 今回は働く女性に聞いてみました。

■時間をおく

・「しばらく連絡せず、冷静に考えて話す」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「時間をおいて冷静に話し合えるときに話し合う」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「時間をおいて、次に会えばだいたい仲直りできている。時間をおいて、自分が悪いと思ったら素直に謝る」(26歳/医薬品・化粧品/技術職)

ケンカでお互いに気が立っている状態では、なかなか素直に仲直りをするのは難しい場合もありますよね。そういった場合、時間を置いて、少し冷静になってみるのがいいのかもしれませんね。

■彼氏に謝ってもらう

・「時間が経てば、彼氏から謝ってくる」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「数日~2週間くらいお互いに連絡を放置をすると、だいたい彼のほうが寂しがって謝ってくる」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「彼に謝らせるように話を持っていく」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

仲直りをするのには、やはりどちらかが謝るのが一番ですよね。一般的には男性のほうから謝るようにするのが、もっとも仲直りしやすいのかもしれません。

■自分から謝る

・「自分から素直にごめんと謝る。取りあえず仲直りしたい姿勢を示すのが大事」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「自分が悪くなくても謝っておくこと」(23歳/その他/その他)

・「すぐに謝って長引かせない。長引くとネガティブなことばかり考えてしまって修復不可能になるから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

ケンカの状態を長引かせないというのも、長続きさせる秘訣なのかもしれません。そのためには、自分から謝ってすぐに解決させるのもよい方法ですよね。

■おいしいものを食べる

・「2人でおいしいものを食べに行く。食べているうちにお互い機嫌がよくなってくるから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「おいしいものを食べる。お互いに機嫌がよくなるので、ギスギスした雰囲気も和らぐ」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「2人でおいしいものでも食べて、映画を見るか好きなテレビ番組を一緒に見れば、たいていは機嫌を直してくれる」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

機嫌を直すには、お互いが好きなものを一緒に食べる。というのもいい解決策ではないでしょうか。テレビを見て笑ったりしていれば、なんで機嫌が悪かったのかも忘れてしまうのかも!?

■まとめ

彼氏との関係が長く続いていると、たまにはケンカをしたり。といったこともありますよね。そういった場合、ポイントは長引かせないことにあるようです。謝るタイミングを逃すとお互いに謝りにくくなってしまいます。悪いと思っていなくても、どちらかが折れることが大切なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月27日~5月30日
調査人数:134人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]