お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

またその話? ウンザリする女友だちの相談4つ

ファナティック

仲のいい女友だちとの会話は楽しいですよね。時には会話中、相手の相談に乗ってあげることもあるでしょう。でも、毎回同じ話をされたり、答えにくい話をされたりするとウンザリしてしまうことも。ウンザリする女友だちの相談について、働く女性のみなさんに聞きました。

 

■不倫相手への愚痴

・「不倫している彼氏とのしょうもない愚痴」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

・「既婚者との恋愛。何回も別れたりくっついたりを繰り返している」(21歳/食品・飲料/営業職)

・「不倫していて、相手に思うように会えないという愚痴」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

不倫は世間的にはタブーです。自分の友だちの不倫自体は寛容になれたとしても、それを推し進めるようなことはあまりしたくないですよね。また、不倫相手も不誠実なケースが多く、相談されてもなんと言えばいいのか……難しいところです。

■相談に見せかけたノロケ

・「ノロケにしか聞こえない恋愛相談」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「相談と見せかけた彼氏自慢」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「恋愛相談。結局モテる自慢をしたいだけ」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

友だちが困っていたら相談に乗ってあげたいもの。特に恋愛関係の悩みには深刻なことがあるので、親身になる人も多いのでは? ですが、聞いてみるとただのノロケだったことが判明。それはイラッとしてしまうこともありますよね。

■ダメ男との恋バナ

・「ダメダメな恋愛なのに、結局自分に言い聞かせて続けている」(32歳/学校・教育関連/技術職)

・「どう聞いても友人が自分勝手な男に振り回されているのに、私がその彼に対しての文句を言うと、彼をかばうようなことを言ってくること」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

・「彼氏の浮気について。いつも懲りなーい」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

自分だったら絶対付き合わないと思うようなダメっぽい男性。友だちの彼氏がダメ男の場合、言わんこっちゃないというようなできごとが多数発生しますよね。聞いていてあきれてしまうかも。

■言いたいだけの相談

・「『別れたほうがよい』『がんばろうよ』のどっちを言っても、うーんとなる友人の恋愛相談。結局愚痴を言いたいだけなのかと思ってしまうし、めんどくさい」(31歳/情報・IT/営業職)

・「アドバイスをしても『でも』『だって』を繰り返す」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「恋愛関係の愚痴。『うんうん、わかるー』って返してほしいだけなのがまるわかりでウンザリ」(32歳/自動車関連/技術職)

相談は普通、相手の意見を聞くためにするものです。でも、自分の中では答えが決まっていて、それを確認するためにする相談もあることはありますよね。できることなら、自分にどうしてほしいのかを教えてもらいたいです。

■まとめ

他愛のない話でも、話せばお互いにスッキリするときがあります。ですが答えの出ない恋愛相談など、聞き手にストレスを与える話題もあります。相手に対する気づかいは忘れないようにしたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年6月にWebアンケート。有効回答数122件。22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]