お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

やっぱり!? 男性がドキドキしちゃうLINEの内容10

ファナティック

メールや電話よりも気軽に使えて友だちグループの連絡手段としても定着しているLINE。今回は、社会人男性のみなさんに「女性から送られてきたらドキッとしてしまうLINEの内容」について教えてもらいました。

■好意が感じられるもの

・「告白や誘いがあったとき」(34歳/情報・IT/技術職)

・「『好きです』っていう内容。直接言われるとドキッとしてしまう」(34歳/医療・福祉/その他)

・「誘惑を思わせる文脈のメール」(34歳/自動車関連/技術職)

LINEでの告白や明らかに誘われているとわかる内容。こんなLINEを女性から送られたら、男性たちがドキドキしてしまうのも当然ですよね。面と向かって言うのははずかしいけれど、どうしても気持ちを伝えたい。そういうときには、LINEを活用するのもよさそうです。

■思わせぶりな内容

・「『寂しい』」(35歳/その他/販売職・サービス系)

・「思わせぶりな内容」(37歳/その他/事務系専門職)

・「いつもは長文なのに、短文で『会いたいな』などきたら、どうした? と心配になると同時に、こちらも素直に会いたいなと思ってしまう」(34歳/自動車関連/事務系専門職)

・「『今何してるの?』や『ご飯食べた?』などのプライベートな質問をしてきたとき」(39歳/その他/その他)

男性からの誘いを待っているかのような思わせぶりな内容や自分に興味を持っているのかと思わせるプライベートに踏み込んだ質問。女性から送られてきたLINEを前に、どう返答しようかどぎまぎしてしまうみたい。

■かわいい絵文字やスタンプ

・「ハートが多い」(34歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「照れるようなことを言ってくる。直接ではなくメールやチャットだと妄想がプラスされるので」(39歳/その他/営業職)

・「淡い色を使った文字、またはスタンプ。雰囲気かなぁ」(39歳/商社・卸/その他)

かわいい絵文字やスタンプで自分の気持ちを伝えられるLINE。特にハートマークについては、男性の期待値もグンと上がるようです。

■まとめ

自分に対する好意が伝わりやすい内容のLINEにドキッとする男性が、やはり多いみたいですね。文字だけをやり取りすると素っ気ない感じになってしまいますが、LINEなら手軽に使えるスタンプも豊富で使いやすさも抜群。言葉にするのは照れてしまうというときにも、スタンプで察してもらえることがあるので男性に気持ちを伝える手段としても使えそうですよね。ただ、男性としてもどういう意味なのか女性の本心を感じ取れないことはあるようなので、LINEで脈アリサインを送るとともに、本当に大事なことは直接伝えることもお忘れなく。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月11日〜13日
調査人数:414人(22歳〜39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]