お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

不意打ちはヤバイ! アラサー女子が「ボディタッチでドキッとした経験」・4選

ファナティック

何とも思っていない男性でも、いきなりボディタッチをされると、思わずドキッとしてしまうこともありますよね。そこから急に相手を意識しはじめることもあるかも? 今回はそんなボディタッチの経験について、働く女性に聞いてみました。

■引き寄せられる

・「2人で並んで歩いていたとき『危ないよ』と言って、腰をもって自分のほうに近づけてくれたとき。気づかいがうれしいし、腰を急に触られるとドキドキしてしまう」(31歳/情報・IT/営業職)

・「酔ってふらふらと歩いていたら、腰を引き寄せられたとき」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

・「道端で、向かいから来た人を避ける際、一緒に歩いていた先輩に、腰に手をまわされたとき。触れたこともない人だったので、ドキッとした」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

ふいに腰を引き寄せられると、やはりドキドキしてしまうものです。彼氏でもない限り、あまり腰を触られることもないので、ビックリしてしまいますよね。

■頭ポンポン

・「上司に笑顔でポンと頭を撫(な)でられたとき。不意にされてドキッとした」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「同僚に、ふいに頭をポンとされたとき、全然タイプではないが、ドキッとしてしまったから」(33歳/その他/事務系専門職)

・「大変だった仕事を終えたときに、ちょっと好きだった先輩が頭ポンポンしてくれたとき」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

女性の好きなボディタッチの中でも、定番になっているのが頭ポンポンではないでしょうか。何とも思っていない相手でも、ついドキッとしてしまいますよね。

■肩が触れる

・「飲み会の際に、トイレに立つときにさりげなく肩を触られたとき。いきなりでドキドキした」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「会社の飲み会で、隣にいた同僚と話が盛り上がり、さりげなく肩同士が触れ合ったとき」(35歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「まったく気にしていなかった人が、ふざけて肩を組んできたとき」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

さりげなく肩が触れ合うと、やはり気になりますよね。相手は気にしていないかもしれませんが、普段よりも距離が近いと、どうしてもドキドキしてしまうようですね。

■背中をさわる

・「背中を押されながらマッサージ」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ディナーにエスコートされたときに、背中を触られて扉に入るよう案内されたので、プチ姫気分でドキッとした」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「腰から服の中に手を入れて、背中を触られたとき」(29歳/機械・精密機器/技術職)

背中を触られることは、そうめったにないものですよね。背中を押されるときなどに触られると、自分からは直接見えない部分なだけあって、いろいろ意識してしまいそうです。

■まとめ

普段それほどボディタッチをされる機会なんて、あまりないもの。こちらが気を抜いているところに、さりげなくボディタッチをされると、やはりドキッとしてしまうものです。相手が意識的にしているかどうかはわかりませんが、不意打ちのボディタッチは女性の心をドキドキさせる行為のよう。意中の女性に仕掛けて反応を見るのもアリかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月24日~6月2日
調査人数:145人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]