お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

結婚したら「尻に敷かれたい」or「敷かれたくない」? 今ドキ男子の本音をチェック!

ファナティック

結婚すると、男女の力関係に変化が訪れるケースも多いものです。かわいかった彼女が徐々に「母の強さ」を身につけて、いつしか鬼嫁に……、なんてことも! 女性が強いほうが、家庭はうまくいく、なんて話もありますよね。では結婚後奥さんの尻に敷かれることを、男性はどう思っているのでしょうか。独身男性のみなさんに聞いてみました。

Q.結婚したら、尻に敷かれたいですか?

「尻に敷かれたい」……32.7%
「尻に敷かれたくない」……67.3%

やはり!? 「敷かれたくない」と考える男性のほうが多いよう。早速それぞれの理由についても詳しく語っていただきましょう。

<「尻に敷かれたい」と思う男性の意見>

■家庭のバランス

・「たぶんそれぐらいのほうがバランスが取れてうまくことが運びそうな気がするので」(27歳/建設・土木/技術職)

・「亭主関白は老後うまくいかなくなることが多い」(36歳/医療・福祉/専門職)

古い時代から言われてきた通り!? 家庭内の平和のために、主導権をあえて譲り渡す男性意見が目立ちました。尻に敷かれているように見えて、実は非常に格好いい存在なのかもしれませんね。

■意外と……!?

・「居心地がよさそうだから。主導権は相手に握ってもらっていたら楽そう。そのかわり、決断するときなど、いざとなったら、きちんとできるようにはしておきたいと思う」(32歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「いろいろなことを勝手に決めてほしい」(33歳/情報・IT/技術職)

「尻に敷かれる」だとなんとなく言葉が悪いですが……「相手にお任せ」と言い換えると、それはそれで居心地がいい気もします!? 近年はあえて主導権を女性側に譲る「敷かれ系」の男性も増えているようです。

では次に、多数派男性の意見を紹介します。

<「尻に敷かれたくない」と思う男性の意見>

■対等でいたい!

・「どちらかが支配されるような関係に思えて受け入れられない。夫婦とは、あくまでも対等で平等なものだと思う。意見が割れたとき、きちんと話し合うことができ、お互いが譲歩し合える関係が望ましいと思う」(31歳/情報・IT/技術職)

・「支配されるのでは、ストレスでしかないから。尻に敷かれるというよりは、一緒に歩みたい」(34歳/マスコミ・広告/その他)

仕事も家事も子育ても、男女で分担し合う時代だからこそ! こんなところでも平等を求める意見が目立ちました。夫婦両方がきちんと自立していれば、一方だけが強くなりすぎてしまう、なんて事態も避けられるのではないでしょうか。

■自立

・「独立して過ごしたいから」(30歳/不動産/事務系専門職)

・「独身時代と変わらない生活をしたい」(39歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

尻に敷くつもりはなくても、こんな本音を聞くと、なんだか不安になってしまいそう……。結婚後、尻に敷かなくてもきちんと協力してくれるのか。事前に確認したほうがよさそうです。

■冷静な分析?

・「敷かれたくないと思っていても、いつかは敷かれるんだろうな」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「ある程度は尻に敷かれても構わないが、家庭の重要な局面では存在感を示したい」(25歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「尻に敷かれるのは屈辱的な感じがするが、手のひらで転がされるくらいがいい」(34歳/医療・福祉/その他)

「敷かれたくない」を選んではいるものの、冷静に将来を見据える意見も目立ちました。ただやみくもに強さを振りかざすのではなく、夫のプライドを立ててあげられるといいですね。

<まとめ>

「あえて尻に敷かれたい」と考える方、「それだけはちょっと……」と考える方、それぞれの意見はいかがでしたか? 女性としても、結婚相手のタイプをよく見極めておく必要があると言えそうですね。将来に思いをはせて、楽しいトークで彼の本音を聞き出してみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月18日~5月19日
調査人数:401人(22歳~39歳の独身男性)

お役立ち情報[PR]