お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

また婚期が遠ざかる……! 男性が「まだ結婚はしたくない」と思う瞬間6つ

ファナティック

恋人とのお付き合いが長くなれば、そろそろ次のステップへと歩を進めたくなるもの。しかし! 彼女の思いとは裏腹に、彼には全然焦るつもりがないみたい……なんてカップルも、少なくないはずです。世の中の男性たちには、「結婚はまだしたくない!」と思う瞬間があるようですが、それって具体的に、どんな場面なのでしょうか。男性の本音をチェックしてみましょう。

■遊んでいる瞬間!

・「男友だちと飲んでいるとき。自由な時間はかけがえのないものだし、失うものや背負うものがない楽な状態も魅力的」(25歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「遊んでいるとき。自分の時間を取りづらくなりそう」(36歳/運輸・倉庫/その他)

自由に遊べるのは、独身ならではの特権です!? 特に既婚の友人の不自由さを目の当たりにしてしまうと、男性の気持ちは「非結婚」へと傾くよう。みんなが既婚になって、遊び相手がいなくなるのを待つしかないのでしょうか。

■お金のこと

・「友だちがお小遣い制になったとき」(29歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「給料明細を見たときに、これじゃあ結婚生活は送れないなあと思う」(34歳/機械・精密機器/その他)

結婚で不安なことと言えば、やはり金銭面ですよね。特に「自身の収入が不安定」「多くのお金を自由にしたい」と思うタイプの男性にとっては、デメリットばかりが目についてしまうのかもしれませんね。

■彼女のこと

・「彼女が機嫌次第でコロコロ行動が変わることを目の当たりにするとき」(27歳/アパレル・繊維/営業職)

付き合っている彼女の言動になんらかの不満があるときにも、男性の気持ちは萎えてしまうようです。「一生ものの問題」と考えれば、慎重になるのは当たり前。気遣いだけはお忘れなく。

■結婚って、いったい……

・「両親が夫婦ゲンカをしているのを見たとき。夫婦で長年連れ添うのは大変だと感じたから」(36歳/その他/その他)

・「まわりで結婚して不幸せそうに見える人をたくさん見たとき」(36歳/その他/クリエイティブ職)

・「子どもの世話が大変な話を聞いたとき」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

結婚に「夢」を見る独身男女は多いですが、残念ながら「現実」です。もちろん大変なことだってありますよね。それ以上に大きな幸せだって待っているはずなのですが……怖気づいてしまう男性も少なくないようです。

■こんな意見も

・「実家のほうが楽」(37歳/学校・教育関連/その他)

ズバリこんな意見もありました。自分が生まれ育ってきた環境が楽だと思うのは、当然のこと。とはいえ次は自分が、そんな「実家」を作る番なのですが……。楽な「今」に流され、タイミングを見失わないよう注意したいものですね。

■ハイリスクハイリターン!?

・「結婚式に出席したとき。準備やお金が大変そう、と思うから」(33歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

最後に紹介するのは、結婚話を進めたい女性にとって、ちょっと気になる意見です。一般的に「友人の結婚式」は、「結婚モチベーションを高めるイベント」であるはず! しかし一方で、裏の裏まで気を回して、ゲンナリしてしまう男性もいるようですよ。

■まとめ

結婚へと歩を進めていくためには、彼をネガティブな情報から遮断する必要があるのかもしれませんね。特に「周囲からの影響」は大きなもの。幸せな結婚生活を送っている友人と、積極的に交流してみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月18日~5月19日
調査人数:406人(22歳~39歳の独身男性)

お役立ち情報[PR]