お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ゾゾッ! 「男慣れしすぎていて彼女には遠慮したい」女性の特徴4つ

ファナティック

男性のこととなると魔性の腕を発揮する、妙に男性をとりこにするのがうまい女性っていますよね。そこで「男の扱いがうますぎて、逆に彼女としては遠慮したい……」なんて思う女性の特徴を、社会人男性に聞いてみました。

■男の転がし方をわかっている女性

・「男性の喜ぶツボをわかりすぎている。接している男性すべてにそうして接していると思うと不安」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「男が喜ぶ料理や、話術や男がお金を使いたくなる話し方などを研究している。貪欲でいやらしすぎて腹が立つ」(28歳/情報・IT/技術職)

・「男の転がし方が上手い。なんとなく操作されそうで嫌になりそう」(29歳/医療・福祉/専門職)

「男の転がし方」をよくわかっている女性に、男性は「意地でも転がされてやるもんか!」なんて反発心を持ってしまうことがあるよう。男性の扱い方がうまいとしても、自慢のテクはあまり披露しすぎない方がいいかも?

■男を褒めるのが上手すぎる

・「男を褒めるのが上手な人。その人が一番喜びそうな言葉を理解していると思う」(28歳/情報・IT/技術職)

・「やたら褒めるタイプ。それで調子に乗り続けると、相手の思うツボ……なんて事もありそうなので」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「褒めたり、男をたてるのがうますぎる。ちょっと自分の手にはおえなさそう」(25歳/電力・ガス・石油/技術職)

男性が「褒められるのに弱い」のを知り尽くしているかのように、やたらと男性をヨイショしてくる女性も注意信号なのだとか。確かにその言葉を真に受けていい気になっていたら、いつの間にか利用されていた……なんてこともありそうですよね。

■下ネタにも余裕でのっかってくる

・「下ネタも全て受け止められるほど余裕があって、なんにでもなれている感じがあるとちょっと遠慮したい。初々しい方がうれしい」(32歳/ソフトウェア/技術職)

・「下ネタにのってくる人。恥じらいを持っていてほしいから」(29歳/建設・土木/事務系専門職)

下ネタに上手に切り返してくる女性、乗っかってさらなる下ネタを披露してくる女性も、手ごわくて「彼女にはちょっと……」なんて思われやすいそう。ちょっとくらい恥ずかしがってくれないと、下ネタを披露する楽しみがない!?

■セクシーすぎる女性は、彼女にするのは危険!

・「エッチでリードが上手すぎる。遊んでいるのかと思うから」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「やけに意味深な一言やエロいことをすごくセクシーに言ってくる人は、本命の彼女にするには危険すぎる」(32歳/通信/技術職)

セクシーすぎる女性は、男性から見てむしろ「彼女大歓迎」な女性に見えるのですが、実は本命に選ばれにくいことがあるよう。いろんな男性に同じことをしている様子を、ついつい想像してしまうのかもしれません。

「モテる」と「彼女に選ばれる」はイコールじゃない!? 一見うらやましく思える男の扱い方がうまい女性。ただし実は、それはそれで本命に選ばれにくいことがあるよう。男性からモテモテのに、なぜか「彼氏いない歴が長い」女性はこのタイプなのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年10月にWebアンケート。有効回答数105件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]