お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

恋人との「別れの兆候」4選

ファナティック

いつもは連絡がくる時間に連絡がこなかったり、会う時間がなくなってきたりすると、彼との付き合いに陰りが見えてきますよね。別れを感じてしまう人も多いのではないでしょうか。今回は女性のみなさんに、恋人との「別れの兆候」のようなものを感じた瞬間について、お話を聞いてみました。

■連絡の頻度が減る

・「LINEが2日間既読にならない。連絡がない。あってもすぐ終わる」(31歳/その他/クリエイティブ職)

・「メールなどの連絡の頻度がガクッと落ちる」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「あまりメールのやり取りをしなくなり、数週間会わない期間があったとき、これが普通になっていくのかな、と感じたことがある」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

毎日のようにメールやLINEで連絡をとっていたのに、だんだんと連絡が途絶えてくると、別れの予感を感じてしまいます。このまま連絡がとれなくなったら、自然消滅になってしまうのかも? と不安になることも。

■会う頻度が減る

・「相手と会う頻度が少なくなる」(34歳/金融・証券/専門職)

・「連絡を取り合う回数や会う頻度が減ったとき」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「以前は週1で会っていたが何だかんだ理由をつけられて会えるのが月1になっていったこと」(27歳/不動産/事務系専門職)

最初のころは忙しくても必ず毎週のようにデートをしていたのに、何かと理由をつけて会う頻度が減ってくると、危険な状態かもしれませんね。会うのが億劫になるのは、相手に興味がなくなってきた可能性を感じずにはいられません。

■会いたくなくなる

・「会いたいとお互いに思わなくなる。連絡が減る」(32歳/学校・教育関連/技術職)

・「会わなくても平気な時間が長く、会うのが面倒と感じたとき」(28歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「連絡をしたりデートをするのに『面倒』と感じたとき。そう感じるとこの先3カ月ももたない」(28歳/情報・IT/技術職)

相手に会いたい気持ちがなくなってくるのは、付き合いが長くなって相手に慣れたせいか、相手に飽きてきたかのどちらかではないでしょうか。後者であれば、早めに決着をつけたほうが、お互いのためかもしれません。

■冷たくなる

・「相手の自分に対する態度。自分が小さいことに過敏になって、いちいちイライラしたりする」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「相手の態度や返事がそっけなかったり、デートの回数が減ること」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「冷たくなると、なんとなく心が離れたのがわかる」(29歳/金融・証券/事務系専門職)

以前はやさしかったのに、彼の態度が冷たいと感じるようになってきたのであれば、彼の気持ちが冷めていることも考えられますよね。このまま付き合い続けても冷たい態度をとる可能性が強いのであれば、別れを考えたほうがいいのかもしれません。

■まとめ

付き合いが長くなってくると、女性も気持ちに変化があらわれてくるもの。「自分は好きだけど、彼がやさしくなくなった気がする」というだけでなく「彼と会うのが面倒だな」と思うこともあるようです。お互いに「気持ちが離れていっているな……」と感じることが増えてきたら、ダラダラとしたお付き合いを続けるよりも、次の恋に向けて2人の関係をどうするのか話し合ってみてもいいのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月15日~18日
調査人数:123人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]