お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

コレを言われたら、ジ・エンド……。女子が合コンの二次会を断るときのテッパンワード3つ!

ファナティック

合コンといえば、とても盛り上がるときもありますがイマイチな場合もありますよね。みんなは盛り上がっているけど、自分はちょっと……というときもあると思います。そんなときの合コンの二次会、ぶっちゃけ、帰りたいですよね。今回はそんな、合コンの後の二次会に行きたくない場合のうまい断り方について、働く女性のみなさんにお聞きしました。

■仕事・明日早いからと言って断る

・「翌日仕事だと言って帰る。シフト制なので、そのウソでごまかせるから」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「『明日、朝早いから』と言って断る。『これから予定がある』はあまりにウソくさいから」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「『次の日の仕事が朝早いから』と言って帰る。仕事が理由なら誰も止められないと思うから」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「翌日の仕事を言い訳にしてさっさと帰る。もう会わない人たちかもしれないが、なるべく印象を悪くしたくない」(25歳/食品・飲料/専門職)

オールシーズン、どんな場面でも比較的万能に使える、オハコな口実ですね。「そっか、なら仕方ないね」と、みんなが納得してくれやすい便利な魔法の言葉!? 自分が働いているからこそ使える断り方ともいえます。

■体調不良を言い訳にする

・「『ちょっと飲みすぎちゃったみたいだから先に帰るね』と言う。体調が悪いと言えば、無理に引き止めたりする人もいないと思うから」(30歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「『食べすぎてお腹が痛くなってきたから帰るね。』体調不良アピールは効く」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

これも超・鉄板の口実。理由が理由なだけに、一番引き止められないであろう断り方といっていいでしょう。年齢・立場問わず使える万能な口実ですが、「仕事が~」とはちがってあまり多用はできませんね。

■その他の意見

・「『急な用事を思い出したので』、『明日大事な予定があるので』と言う。用事や予定は人それぞれなので、ウソとはならないし、当たり障りのない答えだと思うので」(27歳/電機/事務系専門職)
・「『今日は実家に帰るんだ』と言って終電が早いふりをする」(27歳/建設・土木/事務系専門職)
・「二次会に動き出すタイミングで、『今日はちょっと失礼します、楽しかったです、またねー』と言ってさっさと帰る」(33歳/機械・精密機器/技術職)
・「女子全員で帰りまーすっていうと引き止められずに帰れる」(22歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

「急な用事が~」は定番すぎるものの、合コンの二次会ですから、会社の飲み会とちがって角は立たないですね。一人ではストレートに言えなくとも、皆で言えば怖くない!?

■まとめ

合コンの二次会なら、特別、気を使わなければいけない相手というのもいないでしょうから、帰りたかったら適当な理由をつけて帰るのも手かもしれませんね。良識ある大人がメンバーなら、それで場の空気が壊れたり、後で文句を言われるようなことはなさそですから、二次会を断る当たり障りのない口実を用意しておくといいかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数164件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]