お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

キャッチしてる!? 男性が「恋愛対象の女性」にだけ出す、鉄板のモテLINE・4選

ファナティック


「自分のことを恋愛対象だと思ってくれているのかどうか、LINEで簡単に見抜けたらいいのに」と思ったことはありませんか? そこで社会人男性に「恋愛対象に対して出す、鉄板のモテLINE」について聞いてみました。これが送られてきたら脈アリかも?

■マイペースなタイミング

・「あまりおしゃべりにならない。長文や頻繁なメッセージ、即応答などはしない。マイペースに余裕を持って返すなど」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「送るのを急ぎすぎず、早すぎずタイミングを工夫する」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

急ぎすぎると「がっついてる」と思われ、遅すぎると「空気が読めない」と思われやすいLINE……。そのため恋愛対象の女性には、送るタイミングに慎重になりやすいのだとか。マイペースながら、適度なタイミングで返信をくれる男性がいたら要チェックかも?

■質問が多くなる

・「相手をほめたあとに、何か質問をする」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「特に意識はしてない。人にもよるが相手のことを質問しまくる。相手に自分が相手に興味がある事を、わからせる」(30歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

恋愛対象の女性には自然と興味が湧くため、質問が多くなりやすいとか。また「好意」を伝えるために、わざと質問を増やしている人もいるよう。質問をよくくれる男性も「気になる相手」として意識してもらえているのかもしれませんね。

■スタンプにこだわる

・「記念日にスタンプをプレゼントする」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「おもしろいスタンプで気を引く」(27歳/農林・水産/技術職)

気になる異性に使うスタンプは、女性もつい力を入れて選んでしまいますよね。男性もこれは同じなよう。中にはスタンプのプレゼントで気を引くという男性も。女性も気になる男性がいたら、プレゼントしてみるといいのかも!

■感謝の気持ちを伝える

・「長々とLINEをやって、終わるときに『今日はありがとう』みたいな感謝の言葉を言うようにしている」(36歳/情報・IT/技術職)

・「相手をねぎらう。会ったら、別れてからありがとう」(38歳/情報・IT/技術職)

「ありがとう」と言われて悪い気がする人はいないもの。LINEを次につなげるには締めくくりの言葉として、この言葉を積極的に使っていきたいですよね。「楽しかった」という気持ちも相手に伝わりそうです。

■まとめ

男性はLINEを恋愛対象に送る場合、「相手が疲れてないかを気づかう」(37歳/小売店/販売職・サービス系)ことや「相手思いの内容」(31歳/情報・IT/販売職・サービス系)なことに気をつけている人が多いよう。「自分のことを考えてくれているな」と思うLINEがきたら、それだけ意識されている可能性が高いと言えそう。自分を気づかってくれるやさしい男性がいるなら、恋愛対象として意識してみてもいいのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月25日~5月16日
調査人数:139人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]