お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

連投するクセに既読スルー!? 男がLINEでイライラするのはこんなとき・4選

ファナティック

LINEはリアルタイムでやり取りできる便利なツール。ただこれが災いして「イライラする原因」になってしまうことも……。社会人男性は特にどんなとき、LINEでイライラしてしまうかを聞いてみました。気になる人にLINEするときは、これだけは避けたい!

■スルーされるとイライラする

・「虫の居所が悪いときに返事がなかなかこなかったりすると、イライラすることもある」(37歳/自動車関連/事務系専門職)

・「自分からは何通もまとめて送ってくるくせに、こっちのメッセージには返信しない」(28歳/その他/技術職)

・「質問に答えてくれず、話がスルーされると、話がかみ合わなくてイライラする」(36歳/情報・IT/技術職)

LINEで何か確認したいことがあるときや用件を伝えたいときにスルーされると、やはり男性はイライラしやすいとか。疑問形のメッセージや連絡事項が届いたときは、なるべく「即レス」もしくは「早めの返信」が大事かもしれませんね。

■バカにしたようなスタンプ

・「あまり好みじゃないスタンプが送られてくると、ちょっと不愉快になる」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「スタンプがばかにしているように思える」(31歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「何度もスタンプなどを連打されたとき」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

ウケ狙いのスタンプ送信は、笑わせるどころかかえってイライラされることもあるため注意が必要。また今はやっているスタンプも男女差や所属するグループでのちがいがあるため、送る人によって「スタンプのウケのよさ」が変わるという点にも注意したほうがいいかも。

■恋人じゃないのに依存しすぎなLINE

・「返ってくる文面がキラキラしすぎていたり、恋人でもないのに依存しすぎた内容を頻繁に送ってきたとき」(39歳/商社・卸/営業職)

・「返信を強要する。特に仕事で手が離せないときにされてイライラしたことはある」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

まだそれほど仲がいい訳ではないのに、恋人気取りなLINEも男性をイライラさせやすいよう。特に気をつけたいのが「返信の催促」LINE。相手が忙しいときにこれをやるとイライラに火をつけ、返信がもらえなくなってしまうかも!?

■おちょくる内容のLINE

・「軽くおちょくられたとき。特にグループ内でのLINEなどの場合はなおさら」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「適当な返事やスタンプでばかり返信されたとき」(28歳/商社・卸/営業職)

LINEは実際に顔を見てやり取りする訳ではないため、ささいなことが大きな誤解を招きやすいもの。盛り上げるためにちょっとからかったつもりが、ばかにされていると勘違いされることも……。

■まとめ

男性がイライラしやすいLINEは「既読スルー」(33歳/機械・精密機器/営業職)や「要求ばっかり、一人で連投」(32歳/情報・IT/技術職)などのように、「相手の気持ちを考えられていない」と感じる内容のものが多いよう。

気になる人にLINEをするときは、自分の気持ちや場の盛り上がりを優先するのではなく、「送った相手の気持ち」を優先するのが1番かもしれませんね。気になる人ともっと仲よくなりたいときほど、LINEは慎重にレスしたほうがいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月25日~5月16日
調査人数:139人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]