お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

同性にはバレてるよっ! 恋愛における「あざとい女」の特徴4つ

ファナティック

同性からは評判がよくなくても、男性からは人気がある女性はけっこう多いもの。彼女たちが女性から嫌われる理由は、もしかしたら「あざとさ」にあるのかもしれません。今回は、恋愛におけるあざとい女性の特徴を社会人の女性に聞いてみました。

■彼氏は保険

・「彼氏がいるのに、飲み会で指輪やペアストラップを外して参加した人がいました」(28歳/金融・証券/営業職)

・「ちゃんと彼氏がいるのにいないふりをしている子。条件のいい人がいれば乗り換えるつもりなのだと思う。したたかだなと思う」(25歳/食品・飲料/専門職)

彼氏がいると、必然的に男性との出会いは少なくなってしまいますよね。ですが彼女たちにそんな常識は通用しません。ほかの男性の前では、彼氏がいない自分をアピールし、常に新たな出会いを狙っているのです。

■男ウケを意識した身なりや振る舞い

・「かわいい声で狙ってしゃべっていると、あざといなーと思う」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「ほっぺたを膨らます。ローラなどがやっている姿などは本当にかわいいし、子どものような無邪気な仕草にかわいいと思う」(31歳/情報・IT/営業職)

本気で怒ったときに、ほっぺたを膨らます人はあまりいなさそうですよね。彼女たちは、男性はぶりっ子が好き! をかたくなに信じ、普段とはちがう声色とかわいさ全開の振る舞いで「男性に好かれる自分」を創り上げているのかもしれませんね。

■男性の前では態度が豹変

・「女の前ではサバサバしてたり口が悪いのに、男の前だと仕草や声のトーンが変わる女」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「男性の前ではしおらしい態度をとっている。女性だけになると態度が変わるので、あざといと感じる」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

これほどまでに人格を使いわけられるのか!? とある意味感心してしまいそうなほど、態度が豹変する女性もいるようです。この変わりぶりを男性たちにも見てほしいのですが、彼女たちの切り替えのタイミングはすばらしく、その隙を与えません。

■とりあえず演技がうまい

・「わざと終電に遅れる。酔ったふり」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「行ったことがある場所でも『こんなところ来たことない! 初めて~』って感激する女」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

女はみんな女優とはよく言ったもの。いざとなれば大女優顔負けの演技で、男性をいとも簡単にだまします。嘘をつくのもうまいので、純粋な男性ほど術中にはまってしまいそうです。

■まとめ

こんな女にはなりたくない! と思っている人も多いかもしれませんが、「自分にはこんな一面はない」と言い切れないのが女の悲しいところ。あざとい女と言われてもモテる女性を見ると、嫌悪感と嫉妬心、羨ましさを覚えるのは仕方のないことなのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月13日~4月20日
調査人数:140人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]