お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

約○割の女子が後悔……。気になる男性のSNSを検索して後悔した理由4つ!

ファナティック

「落ち込みそう……」とうすうすわかっているのに、ついのぞいてしまう「気になる男性のSNS」。片思い中ではあっても、好きな人のプライベートはあまりのぞくべきじゃないのかも!? 働く女性に、気になる男性のSNSを検索して後悔した経験について聞いてみました。

Q.今までに、気になる男性のSNSを検索して後悔したことはある?

ある……13.0%
ない……87.0%

気になる男性のSNSを検索して、後悔したことがあるという女性は約1割。「好きな人のプライベートをのぞきたくなる誘惑」に勝てる女性が多いということは、のぞいてもあまりいいことがない証拠かも!? 実際にのぞいてみて後悔してしまった人の意見を聞いてみましょう。

■既婚者・彼女持ちだったことが判明!

・「結婚していることや彼女がいることがわかったときはショック」(33歳/その他/クリエイティブ職)
・「彼女がいることを知った。元カレとかだと結婚しているのを知ってショックを受けた」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)
・「結婚していた事実にショックを受けるだけだった」(27歳/電機/事務系専門職)

「本当のことが早めにわかって良かった」といえば良かったのでしょうが、SNS越しで失恋するのは「恋の終わり方」としてやっぱり悲しいもの……。どうせ失恋するなら、せめて正々堂々と正面からぶつかって玉砕したい!?

■間接的に「自分に興味ない」ことを知った

・「自分が送ったLINEにはレスがないが、SNSには投稿しているのを発見したとき、忙しいから返せないわけではないことを悟って後悔した」(26歳/医薬品・化粧品/技術職)
・「返信が特にないけど、けっこう余裕がありそうなとき」(31歳/その他/クリエイティブ職)

SNS越しでの失恋には、こんなパターンも……。間接的に振られたほうが心の傷は浅く済みそうですが、悲しさは逆に倍増。傷つけない方法が「パーフェクトな振り方」だとは限らないですよね。間接的に「自分に興味ない」ことを知って終わり……なんて切なすぎます。

■こっそりのぞく自分に自己嫌悪

・「なんだかこっそり見ている感じが気持ち悪いかなと思って自己嫌悪」(26歳/医療・福祉/専門職)
・「足跡が残ってしまったかもしれないから」(34歳/医療・福祉/専門職)

気になる人のSNSの中身がどんなものであれ、必ずといっていいほど感じるのが「こっそりのぞいている自分への嫌悪感」ですよね。しかもそんな自分の「足跡」が相手にバレていたとしたら……。ストーカーだと間違われないことを祈るばかり!?

■リア充でちょっぴり嫉妬……

・「とてもエンジョイしててうらやましかった」(32歳/その他/事務系専門職)
・「友人に派手な人が多くてびっくりしました」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

好きな人が幸せそうにしていることは本来うれしいことのはずなのに、片思い中だとなぜか複雑な気持ちになることも。自分なんて入り込む余地がなさそうに見えるからでしょうか? はたまた「自分の気持ちが届いてなさそう」なことにショックを受けるのかも?

■まとめ

気になる人のSNS投稿は、見ても実りがないどころか後悔してしまうことも多いよう。SNSは大勢の相手に向けて投稿することが多いため、個人的な思いが強いときに見ると、寂しくなりがちなのかもしれませんね。片思い中のSNS検索は、ぜひ慎重に!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数161件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]