お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

お酒に弱い女子必見! 飲み会の席で、お酒をぐいぐい勧めてくる男性へのナイス対応4つ!

ファナティック

飲み会の席で困るのが「お酒をぐいぐい勧めてくる男性」の存在……。一緒に飲んで楽しく騒ぎたいのはわかるけれど、お酒との相性は人それぞれ。こういう人に無理な量のお酒を勧められたとき、どう対処するのが正解? 働く女性に聞いてみました。

■かわいくお酒をかわす

・「かわいく『もう飲めな~い』と言ってかわす。あまり強く拒否すると空気が悪くなるので、流れでさり気なく断る」(25歳/食品・飲料/専門職)
・「『お酒苦手なんでー』とアピールして、うすーく“セクハラですよ光線”を出す。男が勧める酒にろくなことはないので、あしらったほうがいい」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「『ありがとう、でもゆっくり飲むのが好きなんだ』と言ってかわす。不機嫌に言って雰囲気や機嫌を損なうのは嫌だから、角が立たない言い方で断る」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

「もう無理です」と言うのは簡単ですが、酔っぱらった相手に強い刺激を与えると思わぬ展開に発展することも……。ここは女性の武器を使って、かわいくお酒をかわすのが正解? 女性はお酒に弱い人も多いので、角を立てず無難にお酒がかわせそうですよね。

■誰かに矛先を変える

・「酔っているので、ゆっくり飲むと伝える。そして、『○○さんこそいかがですか?』と、逆に飲ませる。切り返して反対に飲ませる作戦」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「『もう飲めないから○○君、代わりに飲んで~』と言って、飲みかけのグラスを渡す。大概、『酒弱いのかー、しょうがないなー』とか言いながら喜んで飲んでくれる」(32歳/小売店/販売職・サービス系)
・「『私は飲めないから代わりに飲んで』と言う。女性に対してコールが始まったら変わってもらうのが正解だと思う」(30歳/食品・飲料/経営・コンサルタント系)

飲め飲めと強要してくる人は、誰かにお酒を注がないと納得してくれない人も多いもの。そんなときは切り返して逆に飲ませたり、余裕がありそうな男性に矛先を変えたりするのも効果的なのだとか。またここでも「かわいくかわす技」が使えると役立つよう。

■その場所を去る

・「トイレに立つ。相手も深追いできないし、飲みすぎて気持ち悪いという意思表示ができるから」(29歳/ソフトウェア/技術職)
・「さり気なく席を変える。あからさまに嫌な顔をしてしまうと、後々面倒なので、お酌をしに行くつもりでその場を離れる」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

ただしかわいくお酒をかわす方法は、女性のキャラによって難しい場合もありますよね。そんなケースの場合は「静かに席を離れる」のもひとつの手。お酒を強く勧める相手がわかっているのであれば、自分に近づいてきたのを見計らってそっとその場を離れたい!

■酔ったふりして撃退?

・「いつも以上にテンションを上げる。もう既に酔っぱらってますよという雰囲気を出して、相手が自分のお酒に気がつかなくなるように仕向けます」(31歳/情報・IT/営業職)
・「酔ったふりをする。酔ったふりをしてまともに反応を返さないこと」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

お酒を強く勧めてくる人は「酔っぱらっていない人」を目ざとく見つけて酔ってくる傾向も……。この人を近寄せないためには、「もう限界に達してます」アピールも効果的? お酒を強要してくる人に注がせない方法は「まず近寄らせない」こと、ですね。

■まとめ

お酒を強く勧めてくる人は、相手が飲めるか・飲めないかに関係なくお酒を押し付けてくることがあるもの。お酒に弱い体質なら、こういう人たちへの対策は必須かもしれません。ぜひ無理なお酒を勧められたら、上記意見を参考にしてみてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数161件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]